日本大百科全書(ニッポニカ)

カヌー競技
かぬーきょうぎ
canoeing 英語

水上スポーツの一種。湖沼などの静水や、急流の川で、艇首、艇尾がとがっていてパドル(小さな櫂(かい))で漕(こ)ぐ舟に乗り、スピードを競い合う競技。日本では、カヤックKayak(略号K)とカナディアン・カヌーCanadian canoe(略号C)の2種類を総称してカヌーとよんでいる。元来は、短くて幅の広い櫂で操る原始的な小舟のことをカヌーといい、古くから世界各地で広く利用されてきた。
[中田弘良]2019年4月16日

歴史

スポーツとしてのカヌーイングがいつごろから始められたかは明白ではないが、19世紀初頭にはすでにイギリスでは一種のカヌー競技が行われていたようである。1865年、スコットランドの弁護士ジョン・マクレガーJohn MacGregor(1825―1892)が自作の「ロブ・ロイRob Roy」というカヌーで、スエズ運河、ヨルダン川や、バルト海などヨーロッパから中東の水域を漕ぎ回ったことから、これに刺激されて、イギリスではいっそう盛んになったと伝えられている。明治の初期、マグレガーは日本へも来て相模川(さがみがわ)の上流から相模湾に出て東京湾まで漕いだという記録がある。1866年にはロンドンにロイヤル・カヌー・クラブが設立され、以後カヌー競技は諸国に広まり、1924年には国際カヌー連盟International Canoe Federation(ICF)が創設された。同年の第8回オリンピック・パリ大会にはオープン種目として参加、1936年の第11回ベルリン大会から正式種目として登場した。
[中田弘良]2019年4月16日

日本のカヌー競技

日本では、オリンピック・ベルリン大会に参加した役員が、第12回東京大会(1940年開催予定、第二次世界大戦のため中止)に備えて視察見学し、カヌーを購入してきてから始められた。1937年(昭和12)に東京市役所と専修大学が初の対抗レースを東京・荒川の尾久(おぐ)コースで開催した。翌1938年には日本カヌー協会が創立され、第二次世界大戦中は日本漕艇(そうてい)協会(現、公益社団法人日本ボート協会)に所属していたが、1960年(昭和35)3月に独立、1980年には社団法人日本カヌー連盟Japan Canoe Federation(JCF。2010年に公益社団法人に移行)となった。カヌー競技は、1982年の島根大会から国体の正式種目として採用され、オリンピックには、1964年の東京大会から参加するようになった。
[中田弘良]2019年4月16日

競技方法と種目

カヤックは、漕ぎ手が艇の中央に進行方向に向かって長座(両足を前に伸ばした状態で座ること)の姿勢で乗り、両端にブレード(水かき)のついたパドルで左右交互に漕いで進む。カナディアン・カヌーは、漕ぎ手が艇の中央に片膝(ひざ)を立てて(スラロームやワイルドウォーターwild waterの場合は両膝を立てる)乗り、片方だけにブレードのついたパドルで片側だけを漕いで進む。カナディアン・カヌーはカヤックと違ってラダー(舵(かじ))がないので、おもにJストローク(水面にJの字を書くように漕ぐ)で艇を直進させる。
 おもな競技としては、(1)カヌースプリント、(2)カヌースラローム、(3)カヌーワイルドウォーター、(4)その他のもの、がある。
(1)カヌースプリントは、湖沼などの静水面で速さを競う。クルー(乗組員)の人数により、カヤックではカヤック・シングル(K1)、カヤック・ペア(K2)、カヤック・フォア(K4)があり、男女ともにそれぞれ200メートル、500メートル、1000メートル、5000メートルの種目がある。カナディアン・カヌーにも、カナディアン・シングル(C1)、カナディアン・ペア(C2)、カナディアン・フォア(C4)があり、それぞれ200メートル、500メートル、1000メートル、5000メートル(C4はなし)の種目がある。200メートルリレー(男子K1、C1、女子K1)もある。
 競技の方法は、1000メートルまでの種目はスタートラインに9隻のカヌーを並べ、「レディ・セット・ゴー」の合図で一斉にスタートし、艇首がいち早くゴールラインに入った者を勝者とし、予選(略号H)、敗者復活戦(RH)、準決勝(SF)、決勝(F)の順で勝者を決する。5000メートル以上のレースは回航コースを使用し、参加者全員が一斉にスタートして勝者を決する。国内では各都道府県の大会をはじめとして、全日本学生選手権大会、日本選手権大会など多くの競技会が行われている。国際的なものにはヨーロッパ選手権大会、世界選手権大会、オリンピック大会などがある。
(2)カヌースラロームは、回転技術を競い合う。自然および人工的につくられた急流250~400メートル間にゲートを15~25個設置し、直進、回り込み、後退など指示どおりに、しかもゲートに触れることなく正確に速く漕ぎ下る競技である。1人ずつ時間を置いてスタートし、所要時間と各ゲートのペナルティー・ポイント(ゲートに触れたり、通過しなかったときに科せられる罰点)の合計のもっとも少ない者を勝者とする。試技は2回行い、よいほうを最終成績とする。種目としては、男女ともK1、C1、C2と、それぞれのチームレース(3隻で1チームとなる)が行われる。
(3)カヌーワイルドウォーターは、急流の川で速く漕ぎ下り競い合う。スラロームと同じようなコースで長い距離をできるだけ速く漕ぎ下る競技で、スタートの方法や種目はスラロームとまったく同じである。ただし、試技は1回のみである。
(4)その他のものとして、プールのように区画された水面でカヌーに乗ったままボールを奪い合ってゴールに投げ入れるカヌーポロ、カヌーにセールを張ったカヌー・セーリング、海で漕ぐことを楽しむシー・カヤック、波乗りを楽しむカヌー・サーフィン、団体で遠漕するカヌー・ツアリングなど、多くの競技や楽しみ方がある。また、比較的新しい分野であるカヌー・カヤック・フリースタイルは、45秒間に、決められたスポットとよばれる波やホール(落ち込み)のある場所で、カヤックを水車のように回転させるなど、さまざまなトリック(技)を繰り出し、パドリングや操艇技術を競う競技。「水上のロデオ」ともいわれる。
[中田弘良]2019年4月16日

世界と日本の動向

伝統的にカヌー競技の強い国は、ヨーロッパに多い。そのなかでも圧倒的な強さを誇るのがドイツである。ヨーロッパ以外では、カナダ、中国などが競技実績があるが、日本も選手と指導者が育ってきており成績が向上している。おもな日本選手の活躍は次のとおりである。
 1968年(昭和43)7月、競技力向上を目標として、当時、大正大学の山口徹正(やまぐちてつまさ)(1947― )と東京女子体育大学の岡本敬子(おかもとけいこ)(1945― )の2名をヨーロッパ選手権大会(デンマークのコペンハーゲン)と国際カヌーレガッタ大会(ルーマニアのスナゴフ)に派遣し、中田弘良(なかたひろよし)(1935― )が監督を務めた。その後、中田はカヌースラローム・ヨーロッパ選手権大会(フランスのブルグ・セント・モーリス)を視察し、スラロームとワイルドウォーター競技の資料を日本に持ち帰った。
 1972年のオリンピック・ミュンヘン大会では、スラローム競技(世界初の人工コース)のK1に成田昌憲(なりたしょうけん)(1947― )が初参加。1984年のオリンピック・ロサンゼルス大会では、井上清登(きよと)(1957― )がC1・500メートルで6位に入賞した。
 1999年度(平成11)フラットウォーター・レーシング(現在はカヌースプリントに変更)、ジュニア・カヌー世界選手権大会(クロアチア)で安保泰斗(あんぽたいと)(1981― )がC1・500メートルで3位となった。しかし、その後オリンピックや世界選手権では、入賞はするがメダルの獲得は困難な時期が続いた。
 2008年(平成20)オリンピック・北京(ペキン)大会では、竹下百合子(たけしたゆりこ)(1988― )がスラローム女子K1で4位に入り(当時はオリンピックでの最高位)、竹屋美紀子(たけやみきこ)(1980― )・北本忍(きたもとしのぶ)(1977― )組がK2・500メートルで5位入賞、竹屋・北本・鈴木祐美子(すずきゆみこ)(1976― )・久野綾香(くのあやか)(1987― )組がK4・500メートルで6位入賞した。2010年のカヌースプリント世界選手権(ポーランド)では、北本忍がK1・200メートルで3位銅メダルを獲得。同2010年のアジア競技大会(中国の広州)では、松下桃太郎(まつしたももたろう)(1988― )がK1・200メートルで1位、松下・水本圭治(みずもとけいじ)(1988― )組がK2・200メートルで1位となり、北本忍がK1・200メートルで1位を獲得した。また2016年のオリンピック・リオ・デ・ジャネイロ大会では、スラローム競技で羽根田卓也(はねだたくや)(1987― )がC1で日本人初の銅メダルを獲得という快挙を遂げた。
[中田弘良]2019年4月16日