日本大百科全書(ニッポニカ)

美智子
みちこ
[1934― ]

上皇后。昭和9年10月20日、日清製粉(にっしんせいふん)社長正田英三郎(しょうだひでさぶろう)(1903―1999)の長女として東京に生まれる。1957年(昭和32)聖心女子大学英文科卒業。1958年11月27日、当時皇太子であった明仁(あきひと)と婚約、翌1959年4月10日結婚。初めての民間出身の妃であることから、爆発的な「ミッチー・ブーム」が起こる。結婚の儀と馬車パレードの模様はテレビで生中継され、テレビ需要が急増した。この結婚は、皇太子教育掛の小泉信三が天皇家のイメージ・チェンジを図るために推進したものといわれる。その後、皇太子とともに各国歴訪、諸行事の参加を精力的に行う。1989年(平成1)1月7日明仁の皇位継承に伴い皇后となる。浩宮徳仁(ひろのみやなるひと)(1960年生まれ。徳仁天皇)、礼宮文仁(あやのみやふみひと)(1965年生まれ、秋篠宮(あきしののみや))、紀宮清子(のりのみやさやこ)(1969年生まれ、2005年結婚により皇籍を離脱)の2男1女をもうけた。
[小田部雄次]
 2019年4月30日明仁の退位に伴い上皇后となった。
[編集部]