日本大百科全書(ニッポニカ)

胃切除
いせつじょ

手術によって胃の一部あるいは全部を取り除くこと。おもに胃がんなどの悪性疾患に対する治療として行われる。1881年にオーストリアの外科医ビルロートが初めて成功したことで知られる。
 胃がんに対する根治手術としての胃切除では、病巣の除去と再発防止の二つの要素を考慮する必要がある。とりわけ進行胃がんの場合、このことはきわめて重要であり、腫瘍(しゅよう)を肉眼的にすべて摘出するとともに、手術所見で転移が推測されるリンパ節群と同等もしくはそれ以上のリンパ節群を郭清(かくせい)(取り除くこと)して、再発防止に努めることが原則とされる。また、病期(ステージ)によっては術後の補助化学療法によって再発の抑制および予後の向上が臨床試験で証明されていることから、術後一定期間にわたって継続治療が行われる。
 胃切除は、切除の部位や範囲により、おもに次のように分けられる。
(1)幽門側切除 胃の幽門側(十二指腸に近い部分)を切除するもので、再建法には残胃と十二指腸を吻合(ふんごう)する(つなぎ合わせる)ビルロートⅠ法と、残胃と空腸(十二指腸に続く小腸部分)を吻合するビルロートⅡ法がある。主として胃角部周辺およびそれ以下の病変が対象となる。切除範囲は疾患によって異なり、一般に進行胃がんでは胃の3分の2程度の切除が行われることが多い。幽門側切除は、国内ではもっとも多く行われている代表的な胃切除の術式である。
(2)全摘除(全摘) 胃をすべて摘出したのち、十二指腸断端を縫合閉鎖して食道に空腸を吻合する。あるいは食道と十二指腸の間に空腸を間置する。胃の上部から下部まで広範に及ぶがんのほか、噴門を温存できない噴門部や胃体部のがんが適応となる。
(3)噴門側切除 噴門部の腫瘍に対しては、胃の噴門側(食道に近い部分)約3分の1程度を切除し、食道と残胃を吻合する噴門側切除が行われる。また比較的早期のがんが、胃の上部3分の1に限局して存在する場合に、全摘除を避けて噴門側切除を行うこともあるが、良性疾患の場合より切除範囲が大きくなることが多く、食道と残胃の間に小腸を間置して再建する場合もある。
 胃切除後、経過が順調であれば術後数日で食事を再開し退院できるが、術後2~3か月間は、なるべく栄養価が高く消化のよい食品を十分にそしゃくし、時間をかけてとるようにする。また、胃の貯留能が低下し、1回の食事で多くの量を食べにくくなることから、食事回数を1日5~6回に増やして、栄養不足にならないよう留意する。
[渡邊清高]2019年5月21日