日本大百科全書(ニッポニカ)

スキルスがん
すきるすがん
scirrhous carcinoma 英語

腺(せん)がんの一種。硬がん、びまん性がんともよばれる。
 腫瘍(しゅよう)は、がん細胞の集団からなるがん胞巣(ほうそう)(実質)と、それを支える結合組織(間質)から構成される。スキルスがんは、がんの実質に対し、間質が著しく多く線維芽細胞が豊富なコラーゲンを産生しながら増生する。そのため、硬い病巣を形成するのが特徴である。がん細胞は間質のすきまに少数の集塊を形成したり、散在性に浸潤している。胃がん、乳がんのスキルスがんではこのような組織形態をとるものが多い。スキルス胃がんの場合、胃壁の肥厚・硬化を特徴とするが、がん胞巣が小さく、胃粘膜の表面にあまり現れず、胃壁の内部(粘膜下層や筋層、漿膜(しょうまく))をびまん浸潤性に増殖して、潰瘍(かいよう)も形成しない。そのため、病巣と周辺組織との境界が不明瞭(ふめいりょう)で、内視鏡検査で発見するのがむずかしいことがある。漿膜外に浸潤したり、腹膜播種(はしゅ)やリンパ節転移をきたす頻度が高いため、治癒切除が困難なことが多く、予後が悪い傾向にある。胃がんの肉眼型分類では、4型のびまん浸潤型に相当する。
[渡邊清高]2019年5月21日