日本大百科全書(ニッポニカ)

ダンピング症候群
だんぴんぐしょうこうぐん
dumping syndrome 英語

胃切除後に、食物が小腸に急激に流入することによって生じる一連の症状。食直後から30分以内に症状が出現する「早期ダンピング症候群」と、食後2~3時間で出現する「後期ダンピング症候群」に大別される。
 早期ダンピング症候群では、食後の全身倦怠(けんたい)感、冷汗(れいかん)、動悸(どうき)、顔面蒼白(そうはく)・紅潮、腹痛、腹鳴、吐き気・嘔吐(おうと)、下痢などが起こる。浸透圧の高い食物が急に小腸に流入するために、細胞外液が腸管内に移行し、腸の蠕動(ぜんどう)が亢進(こうしん)したり、血管内脱水になるのが一因と考えられている。さらに、セロトニン、ニューロテンシン、血管作動性腸管ペプチド(VIP)などホルモンの関与も考えられている。
 後期ダンピング症候群では、15~20分継続する発汗、頻脈、頭痛、めまい、手足のふるえ、脱力、倦怠感などが起こる。腸管からの糖質の吸収によって急激に血糖値が高くなることで、インスリンが過剰分泌されて起こる反応性低血糖と考えられ、糖質を補うことで改善する。
 対策としては、1回の食事量を少なめに、何回かに分けて、ゆっくりと時間をかけて食べるようにする。消化のよいデンプンや糖分などの糖質摂取を控え、食事中には水分を控えめにして、流し込むような食べ方を避ける。後期ダンピング症候群の予兆があるときには、食後2時間くらいに糖質を含む間食をとる、外出時には菓子類を携帯するなどのくふうをする。
[渡邊清高]2019年5月21日