日本大百科全書(ニッポニカ)

レスリング
れすりんぐ
wrestling 英語

格闘競技の一種。日本では、相撲、柔道などと並ぶ組み技格闘技として知られている。レスリングの語源である「wrestle」という単語には、「組み合う」という意味のほか、「人や困難と闘う」という意味があり、西洋の格闘技の基礎ともなっている。
 オリンピックで行われているレスリングには男子フリースタイル、男子グレコローマンスタイル、女子フリースタイルの3種類がある。フリースタイルは全身を攻撃と防御に使えるが、グレコローマンスタイルは腰から下を使うことが禁止されている、上半身の攻防に限った闘いである。両者は技術的にかなり違う部分もあるが、基本は相手を倒して押さえ込むことで勝敗が決まる。
[高田裕司][斎藤 修]2019年5月21日

歴史

レスリングは、有史以前も獲物の捕獲技術その他の手段として利用されるなど、その発祥は遠く文明の起源にさかのぼることができる。1938年にメソポタミアで、ペンシルベニア大学の考古学者スパエイサーEphraim Avigdor Speiser(1902―1965)博士が、組み合う2人の男性像が描かれている石板と鋳銅を発見した。これは紀元前3000年以前のものと推定され、その時代にはすでにレスリング競技があったと考えられる。ナイル河畔の都市ペニハッサンには、紀元前2500年ごろにつくられたと思われる墓壁があり、レスリングの群像が多数刻まれている。このころにはスポーツとしての地位が確立していたものとみられる。そのほか、中国、インドなどの古代国家でも行われていたことが実証されている。その後エーゲ文化を経て、東洋から古代ギリシアに継承され、ホメロスの詩にも歌われた。紀元前776年にアテネでスタートした古代オリンピックでは、紀元708年大会からレスリングが採用され、主要競技の一つとなった。アリストテレスの著作に「レスリング選手は若い男性の美しさの代表」との記述がみられるなど、レスリングは人気とステータスのある競技であった。
 しかし、ヘレニズム時代からギリシア・ローマ時代を迎えるころには、多額の賞品目当ての職業選手によるものと化し、競技内容もきわめて野蛮になってしまった。やがてローマ人は、従来のレスリングに創意を加えて新しい規則を制定したが、これが現在のグレコローマンスタイルの原型といわれている。ただし、現行のグレコローマンスタイルは1860年ごろにフランスの格闘技学校において考案されたもので、当時の型とは似て非なるものとされている。
 やがてヨーロッパが中世の騎士制度の時代に入ると、レスリングは騎士が身につけるべき必修の武技として奨励されたが、16世紀に火器が出現し、交戦の様態が一変するに及んでその意義を失い、純粋な競技として生まれ変わった。やがてイギリスで、全身のどこを使ってもよく、関節技を含めたスタイルのレスリングが生まれ、これがアメリカへ渡って関節技を排除した競技に変わり、フリースタイルとなった。
 近代オリンピックにもレスリングは第1回アテネ大会(1896)から正式種目として認められている(ただし、最初は今日のような型や体重による区別はなかった)。他競技と掛け持ちで出場する選手も多く、優勝したのは、体操競技でも金メダルを取ったドイツのカール・シューマンCarl Schuhmann(1869―1946)であった。1904年のセントルイス大会では、フリースタイルの試合が体重別7階級で行われた。それまでフリースタイルはヨーロッパでは行われていなかったので参加国はアメリカのみであったが、これ以降フリースタイルは各国に広まり、1908年のロンドン大会以降はグレコローマンスタイルとフリースタイルの両方が行われている。2004年のアテネ大会からは女子競技も加わった。
 男子競技はグレコローマンスタイル、フリースタイルとも体重別10階級の時代が長く続いたが、2012年時点では男子各7階級、女子はフリースタイルのみの7階級で、オリンピック・ロンドン大会の女子競技は、そのうちの4階級で行われた。2016年のリオ・デ・ジャネイロ大会では男子グレコローマンスタイル・フリースタイル、女子フリースタイルともに6階級実施となった。2017年に階級が変更されて男子・女子ともに10階級となったが、オリンピック実施階級は6階級のままとされた。
 2020年の東京大会での実施階級は以下のとおりである(階級区分は「~キログラム以下」を意味する)。
(1)男子フリースタイル 57キログラム、65キログラム、74キログラム、86キログラム、97キログラム、125キログラム。
(2)男子グレコローマンスタイル 60キログラム、67キログラム、77キログラム、87キログラム、97キログラム、130キログラム。
(3)女子フリースタイル 50キログラム、53キログラム、57キログラム、62キログラム、68キログラム、76キログラム。
[高田裕司][斎藤 修]2019年5月21日

日本のレスリング

日本のレスリングの歴史は、1924年(大正13)のオリンピック・パリ大会に参加した内藤克俊(かつとし)(1895―1969)にさかのぼる。当時ペンシルベニア州立大学に留学していた内藤が、日本代表としてフリースタイルのフェザー級に出場し、銅メダルを獲得したのである。しかし日本国内でレスリングは広まらず、1931年(昭和6)4月、八田一朗(はったいちろう)(1906―1983)が中心となって早稲田(わせだ)大学にレスリング部をスタートさせたのが、日本での本格的なレスリングの始まりとなった。選手の育成が行われ、翌1932年のロサンゼルス大会、続く1936年のベルリン大会に参加したものの、第二次世界大戦中は敵性スポーツとしてレスリングそのものが行われなくなってしまった。戦後、国際レスリング連盟(Fédération Internationale des Luttes Associées:FILA。現、世界レスリング連合United World Wrestling:UWW)へ復帰し、1952年(昭和27)のヘルシンキ大会では、フリースタイルのバンタム級に出場した石井庄八(しょうはち)(1926―1980)が、日本選手団全体で唯一の金メダルを獲得するなど、敗戦に打ちひしがれていた日本に明るいニュースをもたらした。1956年のメルボルン大会ではフリースタイルでフェザー級の笹原正三(ささはらしょうぞう)(1929― )とウェルター級の池田三男(みつお)(1935―2002)、1964年の東京大会ではフリースタイルで3人、グレコローマンスタイルで2人が金メダルを獲得するなど、世界の強豪国としての地位を築いた。その後も数多くのメダリストを輩出したが、2000年(平成12)以降、男子ではフリースタイル66キログラム級の米満達弘(よねみつたつひろ)(1986― )が2012年のロンドン大会で金メダルを獲得し、通算21個目となった。
[高田裕司][斎藤 修]2019年5月21日

女子レスリングの歴史

女子レスリングは、1970年代後半から1980年代前半にフランスや北欧で始まった。1983年にFILAは女子レスリング部門を認定し、1985年1月には、フランスのクレルモンフェランで初のFILA認定である女子国際大会「ロジャークーロン大会」が開催された。日本からも柔道選手であった大島和子(1948― )が出場したが、本場の選手の前に完敗した。
 オリンピックでは、2004年のアテネ大会から女子種目(フリースタイル)が採用され、48キログラム級、55キログラム級、63キログラム級、72キログラム級の4階級で競技が行われた。日本選手では55キログラム級の吉田沙保里(よしださおり)(1982― )と63キログラム級の伊調馨(いちょうかおり)(1984― )が優勝し、2008年の北京(ペキン)大会でもこの2人が2連覇を達成した。2012年のロンドン大会では48キログラム級の小原日登美(おばらひとみ)(1981― )が優勝。55キログラム級の吉田と63キログラム級の伊調も優勝し、3連覇を達成した。
 2016年のリオ・デ・ジャネイロ大会では、実施階級が4階級から6階級に変更され階級区分も変更された。48キログラム級では登坂絵莉(とうさかえり)(1993― )が優勝。伊調は58キログラム級で出場して優勝し、63キログラム級の3連覇とあわせて、4連覇を達成した。また63キログラムで川井梨紗子(かわいりさこ)(1994― )、69キログラム級で土性沙羅(どしょうさら)(1994― )が優勝した。4連覇を目ざした53キログラム級の吉田は決勝で敗れ銀メダルに終わったが、日本チームは実施階級6階級中、金メダル4個・銀メダル1個の好成績を残した。
[高田裕司][斎藤 修]2019年5月21日

競技方法

競技は、規定の競技場で、3人の審判のもとに2人の競技者によって行われる。試合時間は3分間×2ピリオド制で、ピリオド間の休憩は30秒である。相手の両肩を完全に1秒間以上マットにつけることを「フォールする」といい、フォールした時点で試合の勝者となる。フォールのない場合は、2ピリオドの合計ポイントの多寡で勝者が決定される。同点で終了した場合はビッグポイント・警告(コーション)・ラストポイントの評価で勝者が決定される。また試合を通じて警告を計3度受けた場合は失格となり敗者となる。
 通常の大会では、審判はマット・チェアマン(マット主任)1人、レフェリー(主審)1人、ジャッジ(副審)1人の計3人で構成される。マット・チェアマンは各マットの責任者で、フォール、ポイント、警告などでレフェリーとジャッジの意見が一致しないときに、その裁決をする。レフェリーは競技の進行をつかさどる者で、笛、ゼスチュア、公用語(英語)による指示によって競技が開始、中断、再開、終了される。ジャッジはレフェリー、マット・チェアマンと協議しながら、選手の得点をスコアシートに記入しなければならない。審判の判定に不同意の場合はコーチ・選手がビデオ映像の確認を要求するチャレンジが1試合で1回行える。チャレンジが成功すると得点が訂正され、チャレンジ権は継続されるが、失敗すると相手選手に1点が与えられチャレンジ権は失われる。
 得点の評価は次のとおり。
[1]1点
(1)場外に1足を踏み出した場合、相手の選手に与える。
(2)パーテレポジション(両手・両膝(ひざ)・頭の5点のうち、3点以上がマットについた状態)の選手が相手選手の背後に回った場合に与える(カウンターアタック)。
(3)フリースタイルにおいて、30秒間のアクティビティ・タイム(消極的な選手に課せられる、ポイントを獲得する時間)でポイントが成立しなかった場合、相手選手に与える。
(4)選手がチャレンジを要請したものの、最初の判定が正しい場合、相手の選手に与える。
(5)フリースタイルにおいて、警告を受けた場合、相手の選手に与える。
(6)グレコローマンスタイルにおいて、パッシビティ(消極性)を宣告された場合、相手選手に与える。
(7)グレコローマンスタイルにおいて、攻撃者が足を使った攻撃を2回行った場合、相手選手に与える。
(8)出血のない負傷あるいは、「負傷」と称して試合を止める行為の場合、相手選手に与える。
[2]2点
(1)相手の背後に回り、完全にマット上にパーテレポジションにコントロールした場合(テーク・ダウン)。
(2)寝技において正しい技術で、デンジャーポジション(相手の肩をマットに対し90度以上傾けた状態)にもち込んだ場合。
(3)グレコローマンスタイルにおいて、警告を受けた場合、相手選手に与える。
[3]4点
(1)スタンド・レスリング(立ち技の攻防)において、直接相手をデンジャーポジションにもち込んだ場合。
[4]5点
(1)スタンド・レスリングまたはグラウンド・レスリング(寝技の攻防)状態から、相手を持ち上げて高い弧を描き、直接デンジャーポジションに着地するすべての投げ技に与える(グランド・アンプリチュード)。
[5]警告
(1)反則行為をした場合、選手に警告が与えられ、フリースタイルは相手選手に1点、グレコローマンスタイルは相手選手に2点が与えられる。
(2)粗暴行為は1回で失格(レッドカード)となり、選手の順位は最下位となる。
[6]下記の場合はテクニカルフォールとなり、その段階で試合が終了する。
(1)フリースタイルにおいて10点差がついたとき。
(2)グレコローマンスタイルにおいて8点差がついたとき。
[高田裕司][斎藤 修]2019年5月21日

施設と用具

従来の競技場は8メートル四方のマットであったが、1971年から直径9メートルの円形となった。これは高さ80センチメートル~1.8メートルの仕様とし、12メートル四方の台上に、マットレスを敷き詰め、その上にキャンバスを張り、それに直径9メートルの円を描いてつくられる。
 服装に関する規定は、選手のユニフォームとしては、ワンピースのシングレットが指定されており、出場コーナーによって着衣の色が異なるので、つねに赤と青の2着を用意しなければならない。材質は相手選手に対して刺激性・危険性がない、なめらかな布でなければならない。競技会には、男女とも止血用の白いハンカチの携行が義務づけられている。靴はかかとのないものとされている。靴ひもが表に出ないように、テープで止めるか、靴の中に収める。そのほか、ひげや爪(つめ)を伸ばしたり、汗ばんだ身体や頭髪に整髪料を塗ったり、指輪類、ブレスレット類、ピアス類等の金具を使用したりすることが禁止されている。
[高田裕司][斎藤 修]2019年5月21日