日本大百科全書(ニッポニカ)

独身の日
どくしんのひ
Singles Day 英語
Double Eleven 英語

中国で毎年11月11日に「光棍節(こうこんせつ)」として祝われる独身者の日。インターネット通販をはじめ、中国全土で一大商戦が繰り広げられる国民イベントとして知られる。11月11日はシングルを意味する数字の「1」が四つ並ぶことから、1990年代に大学生らが独身者パーティーや贈り物をして楽しむ日として始まったとされる。後世に子孫を残せない「樹皮をむいた棍棒」(光棍)から光棍節といわれるほか、「双11」「W11」などともよばれる。中国で公的記念日として認定されていないため、祝日ではない。独身の日商戦の期間は11月11日から1週間程度行われるのが慣習となっている。
 独身の日は、当初大規模なお見合い大会やイベントなどが開催されていたが、「自分へのご褒美で買い物をする」との習慣が生まれ、これを商機とみたネット通販最大手のアリババグループ(阿里巴巴集団)が2009年に大規模安売りセールを開始。他のネット事業者のほか、百貨店、スーパーなどの小売り、家電、物流、観光業者なども追随し、独身者に限らず多くの消費者が参加する、アメリカのクリスマス商戦に匹敵する一大商業イベントとなった。2018年の独身の日には、アリババグループだけで約3兆5000億円の売上げを記録した。日本企業も中国の消費需要を取り込もうと、ネット通販、小売り、食品、衣料・ファッション、生活用品、自動車、観光など幅広い業種が商戦に参入。2015年(平成27)にはソフトバンクグループが「いい買物の日」として日本に紹介・導入した。シンガポール、タイなど他のアジア諸国・地域でも独身の日商戦が行われるようになった。一方、事前に価格を引き上げておいて、商戦期間中に引き下げる偽造安売りが横行しているほか、大量注文による物流の混乱、梱包(こんぽう)材による膨大なごみの発生などの社会問題をも引き起こしている。
[矢野 武]2019年6月18日