日本大百科全書(ニッポニカ)

ヌト
ぬと
Nut 英語

エジプト神話で、原初の水を表すヌーに対応する女性形の名をもつ原初の神性。大地に覆いかぶさる女性の姿をもって表される。普通、体には星がちりばめられ、男神シューが下から体を支えている。ヌトは大地の神ゲブの妻で、男神オシリスとセト、女神イシスとネフティスを生んだが、シューによってゲブとの間を分け隔てられたという神話と、地上の人間が太陽神ラーに反抗を企てたときに大地から自分の体を引き離し、シューがこれを助けたという神話とがある。雌牛の形で表されることもある。
[矢島文夫]

メディア