日本大百科全書(ニッポニカ)

入国管理局
にゅうこくかんりきょく
Immigration Bureau of Japan 英語

1952年(昭和27)8月から2019年(平成31)3月まで存在した入国手続きなどを行う法務省の機関。略称は入管(にゅうかん)。「出入国管理及び難民認定法」(昭和26年政令第319号、略称「入管法」「入管難民法」)に基づき、外国人や日本人の出入国審査、日本に在留する外国人の管理、専門的知識や技術をもつ外国人(高度人材)への優遇措置事務、不法滞在者の退去強制と一時収容、難民の認定などを行っていた。1949年に外務省に設置された入国管理部が前身で、1952年に法務省へ移管された。グローバル化、人口減少、インバウンドの増加などに対応するため、2019年4月、出入国在留管理庁へ改組・機能拡充された。
[矢野 武]2019年6月18日