日本大百科全書(ニッポニカ)

環境知能
かんきょうちのう

人間を取り巻く環境全体を知的にして、人間のサポートをさせようとするもの。研究分野の呼称としても使われている。英語ではAmbient IntelligenceとかSmart Environmentなどの用語がある。また、ユビキタス・コンピューティングubiquitous computing、サイバーフィジカルシステムCyber Physical System(CPS)などとよばれる分野も、これとほぼ同じ概念をさす。
[中島秀之]2019年7月19日