日本大百科全書(ニッポニカ)

ハトシェプスト
はとしぇぷすと
Hatshepsut 英語

生没年不詳。古代エジプト第18王朝の5代目の女王(在位前1512ころ~前1490ころ)。トゥトメス1世の第1王女として生まれ、1世の側室の男子トゥトメス2世と結婚。2世の死後、自らの第1王女を2世の側室の男子トゥトメス3世と結婚させ、自らは摂政となり実権を握った。やがて国王の称号を名のり、墓を男性の王と同じ王家の谷につくった。治世は22年間続いた。治世は平和であり、芸術、建築、通商が栄えた。デル・エル・バハリのテラス式神殿は彼女のもっとも独創的な建築で、この形式のものは、古代エジプトでほかには一つもない。一方、はるか南のプント(ソマリア)に大商船隊を派遣して香料その他の産物を豊富に輸入し、前記の神殿壁面にこれを絵図として残した。なお、王家の谷からは1903年に2体の女性のミイラが発見されていたが、2007年にエジプト考古庁はそのうちの1体をDNA鑑定によりハトシェプストと特定したと発表した。
[酒井傳六]