日本大百科全書(ニッポニカ)

ダートマス会議
だーとますかいぎ

1956年7月から8月にかけて1か月にわたり開催された、人工知能(AI)研究の始まりとなった会議。当時ダートマス大学に在籍していたジョン・マッカーシーJohn McCarthy(1927―2011)が主催し、発起人は、マッカーシーのほかに、マービン・ミンスキーMarvin Minsky(1927―2016)、クロード・シャノン、ナザニエル・ロチェスターNathaniel Rochester(1919―2001)である。参加者には、H・サイモン、アレン・ニューウェルAllen Newell(1927―1992)、レイ・ソロモノフRay Solomonoff(1926―2009)、オリバー・セルフリッジOliver Selfridge(1926―2008)、アーサー・サミュエルArthur Samuel(1901―1990)ら、初期のAI研究で活躍した人たちの名前がみえる。
[中島秀之]2019年8月20日