日本大百科全書(ニッポニカ)

人工肛門
じんこうこうもん
stoma 英語

大腸がんなどの手術後に、腸管の内容物を体外に排泄(はいせつ)するために人工的につくられる孔(あな)。消化管ストーマともよばれる。腹部に開けた孔から腸管を引き出し、体表に開口部をつくり人工肛門を造設する。ストーマは造設される孔のことで、ギリシア語で「口」を意味する。一般に「ストーマ」というと人工肛門をさすことが多く、膀胱(ぼうこう)がんなどで尿路変向術後に造設されたものはウロストーマ(人工膀胱)とよばれる。
 人工肛門を大腸の一部である結腸に造設する場合は「結腸造瘻(ろう)術」(結腸人工肛門)とよび、ほかに小腸の一部である回腸に造設する場合は「回腸造瘻術」(回腸人工肛門)という。
 人工肛門には「一時的人工肛門」と「永久人工肛門」の2種があり、前者は、腸管の狭窄(きょうさく)や閉塞(へいそく)あるいは炎症などによる通過障害に対する治療の際に一時的に造設し、通過障害が改善すれば閉鎖する。これに対して後者は、大腸がんや直腸がんの治療により肛門からの排泄機能の温存ができない場合などに造設される。人工肛門はさらに、その形によって「単孔式」と「双孔式」とに分けられる。単孔式が口に近いほうの腸管を体表に引き出し造設するのに対し、双孔式はおもに一時的人工肛門として口側と肛門側の両方に孔を開けるものである。
 人工肛門には便を受けるためのパウチとよばれる袋を取り付ける。パウチは面板に接続され、面板を皮膚に貼り付けて固定する。
 人工肛門や人工膀胱をもつ人を「オストメイト」とよび、ストーマやストーマ装具を用いて行われる排泄管理やケアを総称して「ストーマケア」という。オストメイトやその家族が、生活のなかでストーマを適切に取り扱えるよう支援するストーマ外来が設置されている医療機関も増えており、全国規模のオストメイト患者会である日本オストミー協会のウェブサイトでは、ストーマ外来を設置している全国の医療機関を検索することができる。
[渡邊清高]2019年8月20日