日本大百科全書(ニッポニカ)

ニッポノサウルス
にっぽのさうるす
nipponosaur 英語
Nipponosaurus sachalinensis

白亜紀後期の、約8500万年~7700万年前の地層から産出した草食恐竜。1934年(昭和9)に、当時日本領の南樺太(からふと)(サハリン)豊原(とよはら)郡の三井鉱山株式会社川上炭鉱の病院用敷地(現、ロシア連邦サハリン州ユージノ・サハリンスク)で発掘され、1936年に長尾巧(たくみ)(1891―1943)によりNipponosaurus sachalinensis(ニッポノサウルス・サハリネンシス)として記載されたカモノハシ竜。ニッポンリュウともいう。発見当時の材料は1個体の半分以上と頭骨の断片2、3などがあり、体長約3.5メートルと推定される。産出地層は上部白亜紀層の泥岩で、小形のプゾシア類(アンモナイト)と共産した。1934年の骨格材料に欠けていた骨は、中足骨(ちゅうそっこつ)、指骨の一部、二つの大腿骨(だいたいこつ)、左の尺骨(しゃくこつ)、とくに四肢であったが、1937年にはこれらの骨がすべて採集された。標本は北海道大学に保管されている。分類学上は鳥盤目鳥脚(ちょうきゃく)類(亜目)エウオルニソポッド類(真鳥脚類)イグアノドン類イグアノドン上科ハドロサウルス科エウハドロサウルス類ラムベオサウルス亜科の属種で、子供の個体と考えられる。2004年(平成16)に発表の再研究により、横突起と椎弓(ついきゅう)の間に縫合線がみつかり、幼体と確認された。また腸骨の形態も典型的なハドロサウルス類のものであった。導提孔とよばれる歯胚(しはい)(歯の原基)が通り抜ける穴をもつ上顎骨(じょうがくこつ)と前上顎部の結合部が棚状で、ラムベオサウルス亜科であることが明確であった。頭骨や四肢骨に独得の特徴があった。なお、ニッポノサウルスのレプリカ(模造品)の組立て骨格は福井県立恐竜博物館に展示されている。
[小畠郁生]