日本大百科全書(ニッポニカ)

鴻海精密工業
ほんはいせいみつこうぎょう
Hon Hai Precision Industry Co.,Ltd. 英語

電子機器の受託製造サービス(EMS:electronics manufacturing service)の世界最大手。本社は台湾・新北(しんぼく)市で、台湾証券取引所に上場。世界のIT・電子機器大手からスマートフォンや薄型テレビなどを受託生産している。企業ブランド名Foxconn(フォックスコン)で知られる鴻海科技集団(フォックスコン・テクノロジー・グループ)の中核企業であり、傘下には2016年に買収したシャープなどを抱える。
 台湾の実業家、郭台銘(かくたいめい/テリーゴウ)(前・董事長(とうじちょう)〈会長・代表取締役〉、1950― )が零細な町工場から一代で築き上げた台湾最大の企業である。1974年、白黒テレビのプラスチック部品を製造する鴻海プラスチック企業有限公司として創業。コネクターやICソケットなどの電子部品を製造していたが、1990年代のITの急速な進展で、多様な電子機器を廉価に大量生産する需要が高まり、中国本土に生産拠点を設けてEMSを開始。自前のブランドをもたず、複数企業から多くの電子機器の生産を請け負い、受託先を分散させることで稼働率を上げ、規模拡大で部品や資材の調達コストを圧縮するビジネスモデルを確立した。デルやヒューレット・パッカードのパソコン、ソニー「プレイステーション」や任天堂(にんてんどう)「Wii(ウィー)」などの家庭用ゲーム機、モトローラやノキアの携帯電話、シャープの薄型テレビ、ソフトバンクの人型ロボット「Pepper(ペッパー)」などの生産を受託し、電子機器の水平分業モデルを世界的に普及させた。アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」を受注したことで売上高が急増。2018年の連結売上高は5兆2938億台湾ドル(約18兆9000億円)、従業員約86万3000人。工場を中国本土のほか北米、ヨーロッパ、アジアなど世界にもつが、生産拠点の約7割を中国本土に依存しており、中国の人件費上昇や米中貿易摩擦の激化が経営課題となっている。なお郭台銘は台湾総統選への立候補のため2019年に董事長職を辞したが、国民党公認争いに敗れ、2020年の総統選立候補を断念した。
[矢野 武]2019年12月13日