日本大百科全書(ニッポニカ)

武蔵丸光洋
むさしまるこうよう
[1971― ]

第67代横綱。アメリカ・ハワイ州オアフ島生まれ。アメリカ国籍時の名はフィアマル・ペニタニFiamalu Penitani(日本に帰化しており本名も武蔵丸光洋)。1989年(平成1)武蔵川(むさしがわ)部屋に入門。1994年大関昇進。1999年、曙(あけぼの)に次いで外国人力士2人目の横綱に昇進した。東京・上野の西郷隆盛(さいごうたかもり)像を思わせる風貌(ふうぼう)で人気をよんだ。身長192センチメートル、体重237キログラム。バランスのとれた堅太りの体形で、突き、押しに威力があり、組んでも太いかいなを返すと相手の上体はすぐ浮き上がった。連続勝ち越し55場所を記録。横綱時代の2001年(平成13)、大けがをした貴乃花(たかのはな)に優勝決定戦で敗れたが、その翌年に優勝のかかった直接対決で雪辱を果たし、最後となる12回目の優勝を飾った。幕内通算成績706勝267敗115休。2003年引退。師匠の元横綱三重ノ海(1948― )の武蔵川親方の定年後に武蔵川を襲名。新しく武蔵川部屋をおこした(旧武蔵川部屋は2010年に藤島部屋と改称)。
[徳増信哉]2019年12月13日