日本大百科全書(ニッポニカ)

シダレザクラ
しだれざくら
〔枝垂桜〕
Cerasus itosakura (Sieb.) Masam. et Suzuki、Prunus spachiana Kitam.

バラ科(APG分類:バラ科)の落葉高木。イトザクラともいう。エドヒガンの枝垂性品種で、枝が長く垂れ下がる。3~4月、葉の出る前にやや小形の花が開き、花托(かたく)は基部が膨らみ、柄とともに短毛がある。京都祇園(ぎおん)のシダレザクラなど公園や神社、寺院などによく植えられる。花が淡紅色のものをベニシダレといい、福島県三春(みはる)町の「三春滝ザクラ」は大木で天然記念物になっている。花が淡紅色で八重咲きのものはヤエベニシダレとよばれ、京都の平安神宮などに植えられている。
[小林義雄]2020年1月21日