日本大百科全書(ニッポニカ)

ミネザクラ
みねざくら
〔峰桜・嶺桜〕
Cerasus nipponica (Matsum.) Masam. et Suzuki、Prunus nipponica Matsum.

バラ科(APG分類:バラ科)の落葉小高木または低木。山地帯から高山帯の下部まで生えるので、タカネザクラ(高嶺桜)ともいう。葉は互生し、倒卵状楕円(だえん)形で長さ5~7センチメートル、先は尾状にとがり、縁(へり)に重鋸歯(きょし)がある。5~7月、雪解けとともに、赤褐色の新葉と同時に径2~2.5センチメートルで淡紅色の5弁花を1~3個散形状につける。小花柄、萼(がく)ともに毛はなく、萼片には細かい鋸歯がある。果実は広楕円形で長さ約8ミリメートル、紫黒色に熟す。中部地方以北の本州、北海道、および樺太(からふと)(サハリン)、南千島に分布する。成葉の裏面脈上、葉柄、小花柄、萼など、またはその一部に毛のある変種をチシマザクラという。母種のミネザクラと混生するが、北海道には毛の多いチシマザクラ型のものが多い。
[小林義雄]2020年1月21日

メディア