日本大百科全書(ニッポニカ)

リストロサウルス
りすとろさうるす
lystrosaur 英語
Lystrosaurus georgi

中生代三畳紀前期の、約2億5100万年~2億4500万年前にパンゲア全体、すなわち南アフリカ、インド、東アジア、東ヨーロッパ、南極大陸にいた哺乳(ほにゅう)類型爬虫(はちゅう)類。単弓(たんきゅう)亜綱獣弓(じゅうきゅう)目異歯亜目ディキノドン下目ディキノドン科の1属。全長約1メートル。四本肢(あし)で骨組みの頑丈な動物で、群居していた。鼻の位置が高く、カバに似て、頭の上部に突き出た両眼の間に鼻孔があった。水生植物を食べたものと思われる。強大な四肢で体を支え、胴を地面から離して歩ける姿勢を示す。肩や骨盤ががっしりしているが尾は短い。現在の諸大陸がパンゲアという超大陸をなしていたとする説の有力な証拠の一つに数えられる。1988年には、リストロサウルスの巣穴と、その中で死んでいた2頭のリストロサウルスが発見されている。2頭は頭としっぽを逆向きにして寄り添った姿勢であった。
[小畠郁生]