日本大百科全書(ニッポニカ)

金正恩
きむじょんうん
[1984― ]

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の三代目の最高指導者。1月8日、父・金正日(キムジョンイル)の三男として誕生。母は高勇姫(コヨンヒ)。ただし、生年については2019年10月時点で、北朝鮮は公表しておらず諸説ある。兄に金正哲(キムジョンチョル)、妹に金与正(キムヨジョン)、異母兄に金正男(キムジョンナム)。夫人は李雪主(リソルチュ)。金正恩との面会を繰り返したアメリカ人元バスケットボール選手のデニス・ロッドマンDennis Rodman(1961― )によれば、ジュエという名の女児がいる。北朝鮮国内では「敬愛する元帥様」などと称される。
 1996年夏から2001年初めまで、スイス・ベルンの公立小中学校などで学んだ。バスケットボールと漫画を好んだという。スイスからの帰国後は、金日成(キムイルソン)軍事総合大学を卒業し、軍関係の経歴を積んだとされる。2010年9月朝鮮人民軍大将となり、この人事で初めて公式報道に登場した。同月に朝鮮労働党中央委員とともに、新設ポストの党中央軍事委員会副委員長に就任し、金正日の後継者であることが明確となった。2011年12月の金正日死去で権力を継承。直後から「最高領導者」と呼称され、同月軍最高司令官、2012年4月党代表者会で新設の党第一書記に推戴(すいたい)され、同時に党中央委員会政治局常務委員、政治局員、中央軍事委員会委員長に就任している。第一書記というポストを新たに設けた背景には、金正日を「永遠の総書記」として総書記職を永久欠番にしたという事情がある。同月の最高人民会議で新設された国防委員会第一委員長、自身を「最高首位に高く推戴する」よう憲法を改正した。7月朝鮮民主主義人民共和国元帥称号。2016年5月第7回党大会で新設の党委員長、6月最高人民会議で国防委員会第一委員長にかわって新設された国務委員会委員長に就任した。立法機関である最高人民会議では第12期、第13期代議員を務めたが、第14期には立候補せず、2019年9月の憲法改正によって国務委員会委員長は代議員にならないことが明文化された。
 2012年から「金日成・金正日主義」を掲げるほか、2016年から「自強力」というスローガンも重視する。「自強力」とは「自分のもの、自分の力が一番であるという信念を固くさせ、事大主義と民族虚無主義、輸入病のような不純な思想、不純なものを完全に根こそぎにするもっとも威力ある武器」だとされる。
 2016年から2017年にかけて核実験、ミサイル実験を繰り返したが、2017年11月に「国家核武力の完成」を宣言して以降は外交攻勢に転換。2018年3月に最高指導者として初の外遊先、中国を訪問してから、6月には史上初の米朝首脳会談を実現させるなど、外交攻勢を展開した。
[礒﨑敦仁]2020年2月17日