日本大百科全書(ニッポニカ)

金正男
きむじょんなむ
[1971―2017]

金正日(キムジョンイル)の長男で金正恩(キムジョンウン)の異母兄。5月10日生まれ。母親は元女優の成恵琳(ソンヘリム)(1937―2002)。ジュネーブのインターナショナルスクール留学、その後モスクワ、マカオなどで暮らす。2001年5月1日に成田空港で拘束された際には、「Pang Xiong(胖熊)」名義のドミニカ共和国の偽造旅券を所持していた。2009年ごろから西側メディアの取材にもたびたび応じ、後継者問題に対して「父が決めたことだからそれに従う」などと発言。東京新聞編集委員の五味洋治(1958― )が2004年以降のメールのやりとりと長時間のインタビューを収録した書籍を2012年1月に出版し、異母弟の金正恩とは会ったことがない事実などが明らかにされた。
 2017年2月13日、マレーシアのクアラ・ルンプール国際空港において殺害された。VXガスによる殺害容疑でベトナム人女性とインドネシア人女性が逮捕されたが、北朝鮮籍容疑者4名は現場から速やかに立ち去り、北朝鮮に帰国したとみられている。北朝鮮側は事件への関与を全面的に否定し、マレーシア側の捜査姿勢を公然と批判したことなどを受け、マレーシア政府は駐朝大使の召喚、駐マレーシア北朝鮮大使に対するペルソナ・ノン・グラータ指定(国外退去処分)、ビザなし渡航制度の廃止などの措置をとった。一方の北朝鮮政府は、一時拘束された北朝鮮人容疑者の解放などを求め、同国内に滞在中のマレーシア人の出国を許さないという「人質外交」を展開した。一方、金正男の長男である金ハンソル(1995― )は第三国への亡命を果たしたとされる。
[礒﨑敦仁]2020年2月17日