日本大百科全書(ニッポニカ)

主体思想
しゅたいしそう

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の指導思想。チュチェ思想。金日成(キムイルソン)が創始し、金正日(キムジョンイル)が発展させたとされる。思想における主体、政治における自主、経済における自立、国防における自衛を柱とする。
 北朝鮮に「主体」という概念が初めて公式に登場したのは、1955年12月の金日成の演説「思想活動において教条主義と形式主義を一掃し、主体を確立するために」においてのことだったとされる。その後1960年代後半までに、事大主義、修正主義および教条主義との長期にわたる闘争を通じて築き上げられた。「主体思想」という名称で独自化され、「唯一思想」として提示されたのは1967年ごろからであり、1972年12月制定の社会主義憲法に盛り込まれた。1980年の朝鮮労働党第6回大会では、全社会の主体思想化という課題が公式に打ち出された。外国での普及も図られた。
 2019年4月の改正で、より広義の「金日成・金正日主義」にかわるまで、憲法では「指導的指針」として明文化されていた。金日成の死去から3年後の1997年には、金日成の生年である1912年を元年とした「主体年号」も導入された。
[礒﨑敦仁]2020年2月17日