日本大百科全書(ニッポニカ)

トランポリン
とらんぽりん
trampoline 英語

鋼鉄製の方形や円形の枠(フレーム)に伸縮性のあるじょうぶな布(ベッド)を張り、ゴムケーブルまたはスプリング(ばね)で固定した運動器具。また、それを用いて行う運動・競技。公式競技用器具は後述のように規格が定められている。
 語源はイタリア語のtorampolino(竹馬)、スペイン語のtrampolin(跳躍板)である。1860年ころ、フランスのレオタールJules Léotard(1838―1870)が、サーカスの空中ブランコの危険防止用「安全ネット」にヒントを得て、安全ネットを四方に強く引っ張り、その上で跳躍や回転運動を行ったのが最初であるといわれている。1930年代にヨーロッパからアメリカに伝わり、ジョージ・ニッセンGeorge P. Nissen(1914―2010)が改良を重ねてバウンシングbouncingベッドを考案し、「跳ね返り」が可能な安全な器械を完成させ、これを「トランポリン」と名づけた。登録商標名であったが、現在は解除されている(日本では「トランポリン」を製造販売しているセノー株式会社が商標登録している)。
[三輪康廣][後藤洋一]2020年2月17日

トランポリン運動

器械には折畳み式、分解式(組立て式)、固定式(床や地面にはめ込むもの)があり、大きさも大(公式競技用=ラージ)、中(準公式競技用)、小(普及用)の3種がある。
 運動の特徴として、(1)ばねの力を有効に引き出せば、平地での跳躍の3~6倍の高さが連続的に得られる、(2)緩衝力が大きく直立位のジャンプを主体とするが、背・腹・膝(ひざ)・長座姿勢でも着床し跳躍ができる、(3)運動の種類も多様(宙返りやひねりを加える)で、年齢・性別を問わず各自の能力に応じて楽しくできる、(4)体操競技やダイビングの補助運動や美容体操、レクリエーションとしても広く行われている、などがあげられる。またトランポリンは、体操競技、飛び込み(ダイビング)、フリースタイルスキーのモーグルやエアリアル、ダブルダッチ(縄跳び)など、各種の競技スポーツ選手の宙返り等の空中感覚づくりにも有効であることから、補助的なトレーニングとして積極的に利用されている。
[三輪康廣][後藤洋一]2020年2月17日

トランポリン競技

トランポリン競技は跳躍運動を主体とした採点競技で、以下の3部門に分かれている。トランポリンを使用し跳躍運動や宙返り技を連続して演技するトランポリン競技(1名で行う個人競技と2名で行うシンクロナイズド競技がある)、10メートルの助走路と約25メートルの弾性のあるマット(タンブリングトラック)上で回転技や宙返り技を連続して演技するタンブリング競技、幅92センチメートル、長さ285センチメートルの小型のトランポリンを用いて助走から2回の宙返り技を連続して演技するダブルミニトランポリン競技である。また、レクリエーションの一環として日本で開発されたシャトル競技(2台のトランポリンを使い、2名の競技者が技を交互に連続して出し合って競う競技)がある。体操競技、新体操と同様、国際体操連盟(FIG:Fédération Internationale de Gymnastique)の管轄下にある。
 公式競技用のトランポリンは、床面からベッドまでの高さ115.5センチメートル±0.5センチメートル、フレーム内寸は長辺方向505センチメートル±6センチメートル、短辺方向291センチメートル±5センチメートル。そのほか、器械の規格についてはフレーム強度(たわみ量)やベッドのぶれなどの許容量、ベッドの寸法、ジャンピングゾーン(赤ライン)の寸法などの厳しい規格が定められている。
 オリンピック大会では、個人競技のみが正式採用されている。個人競技の得点は、演技の難度点を示すD得点(D:difficulty)、演技の正確さや美しさを示すE得点(E:execution)、トランポリンのベッドの中心から水平方向への移動による減点を示すH得点(H:horizontal displacement)、演技の跳躍時間を示すT得点(T:time of flight)の4項目の合計によって決定される。D得点は行われた種目ごとに姿勢、宙返りやひねりの回数によって得点が決定されその合計で算出される。演技が途中で中断した場合、中断する前までの種目の合計となる。E得点は種目ごとのE審判員の減点の中間値(2名)の合計を最大得点(20点満点)から差し引いて算出される。シンクロナイズド競技ではさらにペアの同時性を示すS得点(S:synchronization)が加味される。H得点、T得点、S得点はそれぞれ電子機器によって計測され得点化される。審判団は、主任審判員(CJP:chair of judges' panel)1名、D審判員2名、E審判員6名の合計9名で構成される。
 日本では、1959年(昭和34)に日本体操協会がニッセン夫妻と当時の世界第一人者フランク・ラデュFrank Ladue選手を招待し、全国各地で演技会や講習会を開催して積極的に普及活動を行った。国際競技会へは、日本は1972年の第7回世界選手権大会から参加している。2000年(平成12)の第27回オリンピック・シドニー大会から体操競技のトランポリン種目(男・女個人)として正式採用され、日本からは中田大輔(なかただいすけ)(1974― )と古章子(ふるあきこ)(1973― )が出場し、古は7位に入賞した。2008年の第29回オリンピック・北京大会では男子で外村哲也(1984― )が4位に入賞。2012年のロンドン大会では、男子で伊藤正樹(まさき)(1988― )が4位、上山容弘(やすひろ)(1984― )が5位に入賞。2016年のリオ・デ・ジャネイロ大会では、男子では棟朝銀河(むねともぎんが)(1994― )が4位、伊藤正樹が6位に入賞した。
 世界選手権大会においては、2018年第33回大会の女子シンクロナイズド競技で宇山芽紅(うやまめぐ)(1996― )と森ひかる(1999― )のペアが金メダルを獲得した。2019年第34回大会は、翌年に開催されるオリンピック・東京大会の会場となる有明(ありあけ)体操競技場(江東区)で開催された。女子個人競技で森ひかるが金メダル、土井畑知里(どいはたちさと)(1994― )が銀メダル、女子シンクロナイズド競技で岸彩乃(きしあやの)(1992― )と高木裕美(ゆみ)(1999― )のペアが金メダル、3名の選手の得点を合計して競う団体競技で女子が金メダルを獲得。また男子シンクロナイズド競技で田崎勝史(たさきかつふみ)(1991― )と棟朝銀河のペアが金メダルを獲得した。
 1972年に社団法人日本トランポリン協会が設立されて国際トランポリン連盟に加盟したが、国際トランポリン連盟がFIGと合併したのに伴い、財団法人日本体操協会に加盟(1999)。2012年には同協会に吸収され、協会内の一部門となった(日本体操協会は2013年に公益財団法人に移行)。
[三輪康廣][後藤洋一]2020年2月17日