日本大百科全書(ニッポニカ)

マイヨール
まいよーる
Michel Mayor 英語
[1942― ]

スイスの天文学者。ローザンヌ生まれ。ローザンヌ大学で理論物理学を学び、1966年修士号取得、1971年ジュネーブ大学で天文学の博士号を得た。以来、同大学で研究・教育活動に携わり、1984年同大学準教授、1988年教授、1998年同大学のジュネーブ天文台の所長に就任。2007年にジュネーブ大学名誉教授。
 マイヨールは当初、連星や相互の重力によって球状に集まった球状星団、銀河系の構造解明に取り組み、木星の質量の11倍となる褐色矮星(わいせい)の存在をつきとめた。1994年に彼の研究室に大学院生のディディエ・ケローが入ってくると、フランス南東部にあるオートプロバンス天文台で、巨大惑星などを探索するために太陽に似た142個の恒星の観測を始めた。彼らは放射状に広がる星の動く速度などを正確に測定できる高分解能の分光計「ELODIE(エロディ)」を開発し、同天文台の口径1.93メートルの望遠鏡に設置した。恒星の周りを惑星が回転すると、恒星は惑星の重力によって中心からふらつくように動く。2人は、地球から約50光年離れた「ペガスス座51番星」を観測したとき、この恒星が秒速13メートルで動いていることを確認。すぐに惑星をみつけることができなかったが、1995年1月に、この星の近くに太陽系最大の惑星である木星の半分の大きさをもつ惑星の存在を検出した。50年以上にわたって存在が予想されたにもかかわらずみつからなかった、初の太陽系外惑星の発見だった。この発見には、救急車のサイレンが近づくときと遠ざかるときで音色が変わる「ドップラー効果」が応用された。ペガスス座51番星は、周回する惑星の重力によって、明るさが定期的に変化するが、観測者に近づくときと遠ざかるときで、波長が変化する(輝き方が変化する)ことをつきとめた。この惑星は、木星と同じ巨大ガス惑星で、恒星までの距離が、太陽と水星間の8分の1にあたる800万キロメートルを約4日で公転していた。この発見をその年1995年10月のイタリアの学会で発表すると、世界の天文学者を驚かせたが、これを機に、系外惑星は次々に発見され、系外惑星研究が飛躍的に進んだ。これまでに約4000個を超える系外惑星の存在が確認され、地球以外に生命体が住む惑星の発見にも期待が高まっている。
 2004年アルベルト・アインシュタインメダル、2005年ショウ賞(天文学部門)、2015年イギリス王立天文学会ゴールドメダル、京都賞(基礎科学部門)、2017年にウルフ賞(物理学部門)を受賞。2019年「史上初の太陽に似た恒星を周回する系外惑星の発見」による業績で、弟子のケローとともにノーベル物理学賞を受賞した。「宇宙物理学における新たな理論の発見」の業績で、ビッグ・バン理論の基礎を築いたことが評価されたプリンストン大学の名誉教授ジェームズ・ピーブルスとの同時受賞であった。
[玉村 治]2020年2月17日