日本大百科全書(ニッポニカ)

五種競技
ごしゅきょうぎ
pentathlon 英語

スポーツの混成競技の一つ。
〔1〕古代オリンピックの種目として紀元前708年から登場した。幅跳び、円盤投げ、短距離競走、やり投げ、レスリングの5種目を順に行った。勝者の決め方は、(1)幅跳びの成績で5人を残し、続く3種目で1人ずつ減らし、最後に残った2人がレスリングで勝敗を決する、(2)5種目中3種目(かならずレスリングを含む)に勝てば優勝、などの説がある。なお、この古代ギリシアの五種競技を参考に創設され、現在オリンピック競技の一つとなっている複合競技「近代五種競技」については別項目としている。
〔2〕陸上競技の1種目。かつてはオリンピックの女子の正式種目で1964年(昭和39)の東京大会から1980年のモスクワ大会まで続いたが、1984年のロサンゼルス大会から七種競技に変更された。第1日に80メートルハードル(後に100メートルハードル)、砲丸投げ、走高跳びの3種目、第2日に走幅跳び、200メートル走を行い、計5種目の記録を点数に換算して順位を決める。また男子種目としても1912年のストックホルム大会から1924年のパリ大会まで3回にわたり、十種競技と並行してオリンピックの正式種目として行われた。男子の場合は走幅跳び、やり投げ、200メートル走、円盤投げ、1500メートル走を1日で行った。室内競技の世界選手権では現在でも女子の正式種目として五種競技があり、60メートルハードル、走高跳び、砲丸投げ、走幅跳び、800メートル走の5種目が1日で行われている。
[加藤博夫][中西利夫]2020年4月17日