日本大百科全書(ニッポニカ)

小岩井農場
こいわいのうじょう

岩手県中西部、岩手郡雫石(しずくいし)町と滝沢市にまたがる農場。岩手山南麓(なんろく)に広がり、面積2600ヘクタール、民間農場としては日本最大である。1891年(明治24)日本鉄道会社の小野義真、三菱(みつびし)財閥の岩崎弥太郎(やたろう)、鉄道庁長官井上勝(まさる)らによって大農場式牧場として創始され、三者の頭文字をとって小岩井と名づけられた。1950年(昭和25)までは競走馬の産地として知られたが、以後は乳牛、肉牛、メンヨウ、シチメンチョウなどの飼育に重点が置かれ、とくにホルスタインの種牛生産や採卵鶏として優秀なシエーバー種の孵卵(ふらん)事業で知られる。牧歌的風景を背景に花壇、レストハウス、ジンギスカン料理などの諸施設をもった小岩井農場まきば園があり、盛岡市郊外の行楽地として訪れる人々が多い。
[川本忠平]