日本大百科全書(ニッポニカ)

近代五種競技
きんだいごしゅきょうぎ
modern pentathlon 英語

競技内容がまったく違うフェンシング、水泳、馬術、レーザーラン(射撃+ランニング)の5競技を一人の選手が1日で行い、総合成績で順位を決める複合競技。オリンピック競技の一つ。なお、陸上競技の1種目である「五種競技」については別項目としている。
[加藤博夫][中西利夫]2020年4月17日

歴史

五種競技の名は、すでに紀元前708年の古代オリンピック第18回大会からあり、種目は幅跳び、円盤投げ、短距離競走、やり投げ、レスリングの5種目であった。近代オリンピックの創始者ピエール・ド・クーベルタンが、これを参考にして「近代五種競技」を創設し、1912年の第5回ストックホルム大会からオリンピック競技に加えた。馬術、射撃、フェンシング、水泳、クロスカントリーの5種目で構成され、万能性を競うところから「キング・オブ・スポーツ」ともよばれる。戦場で伝令を命じられた将校の活躍する姿を想定したもので、最初は馬に乗って出発、やがて剣を持ちピストルを撃って相手と戦う。そして川を泳ぎ、最後は森をひたすら走って伝令の役目を果たす、その行動を模したものといわれる。射撃、馬術など競技の性格上、選手は軍人(日本では自衛官)や警察官などが多い。
 国際的な組織としては、1948年のオリンピック・ロンドン大会を契機に国際近代五種連合(UIPM:Union Internationale de Pentathlon Moderne)が結成された。日本では1959年(昭和34)3月、陸上、水泳、射撃、フェンシング、馬術の5競技団体によって日本近代五種連合が結成され、ローマ大会(1960)の際に初めて選手を送った。その後、1968年にバイアスロン(クロスカントリー・スキーとライフル射撃を組み合わせた冬季競技)を加え「日本近代五種・バイアスロン連合」と名乗ったが、2011年(平成23)4月にふたたび分離、日本近代五種協会と呼称を変えた。
 オリンピックでは当初、男子種目だけであったが、2000年のシドニー大会から女子種目も行われるようになり、日本の女子は2012年のロンドン大会から参加することになった。
 競技は長い間、1日1種目ずつ5日間(1920、1984、1992年大会は4日間で実施)にわたって行われてきたが、1996年のアトランタ大会から5種目1日開催に踏み切った。この変更の背景には国際オリンピック委員会(IOC)の競技削減方針があった。当時、IOCはオリンピックの肥大化を防ぐため、テレビ放映などで人気のない競技を削減する方針をたて、その一つとして「5日間も競技を続ける」近代五種競技に注目していた。こうした動きをいち早く察知した国際近代五種連合は、アトランタ大会から急遽(きゅうきょ)1日競技に変更、廃止の危機を逃れたといわれる。
 同連合は2009年に従来の射撃とクロスカントリーをあわせ、両種目を交互に繰り返す「コンバインド」を採用し、3種目までの合計点でトップの選手からスタートする方式を導入した。さらに、射撃では環境問題に配慮し、これまでのエアピストルに替えレーザーピストルを使用することにした。2012年のオリンピック・ロンドン大会後にはコンバインドからレーザーランの名称に切り替え、射撃とランニングのセット回数を3回から4回に増やした。2017年のルール改正では、(1)フェンシングランキングラウンド、(2)水泳、(3)フェンシングボーナスラウンド、(4)馬術、(5)レーザーランの試合形式にし、大会がより盛り上がるように順位の入れ替わりが激しくなるようにした。
[加藤博夫][中西利夫]2020年4月17日

競技内容

一人の選手が1日で、フェンシング、水泳、フェンシング、馬術、レーザーラン(射撃+ランニング)の順に5種目をこなす。成績、記録を得点に換算して順位を競う。
(1)フェンシングランキングラウンド エペ(剣)による1分間一本勝負の総当り戦。勝率70%を250点とし、1勝あたり6点増減する。
(2)水泳 200メートル自由形のタイムレース。2分30秒を250点とし、1秒につき2点増減する。
(3)フェンシングボーナスラウンド ランキングラウンドの下位選手から順に30秒一本勝負で行い、勝ち残りで選手がかわる。1勝につき1点獲得する。ランキングラウンドとの合計点がフェンシングの得点となる。
(4)馬術 抽選で与えられた馬に乗り、12障害15飛越(ひえつ)(ダブル、トリプル障害を含む)で行われる。障害の高さは最高で120センチメートル。持ち点300点から、拒止(きょし)(飛越できずに止まる)、障害物からの逃避は10点減点、障害落下は7点減点で、2回落馬すると競技中止となる。
(5)レーザーラン フェンシング、水泳、馬術の3種目の合計得点のトップの選手からスタート。合計点の1点差を1秒に換算し、そのタイム差にしたがって2位以下が順に後を追う。射撃はレーザーピストルを使い、10メートル離れた直径約6センチメートルの標的に5回命中させるか、命中しない場合は50秒間撃ち続ける。何発撃ってもよいが射撃が当たらないとランニングに移れないため、他の選手との差が開く。射撃と800メートル走の4セット繰り返し(走行距離は計3200メートル)で行い、ゴール順に最終順位が決定する。長い距離を走った直後に息を整えて精密な射撃動作を行うむずかしさがある。
[中西利夫]2020年4月17日