日本大百科全書(ニッポニカ)

水球
すいきゅう
water polo 英語

水泳競技の1種目。水中(プール)で二つのチームが相手側ゴールにボールを入れて点数を競い合う球技。ボールを手で扱うことから、「水中のハンドボール」ともいわれる。オリンピックの正式種目となっている。
[黒田克己]2020年4月17日

沿革

元来、イギリスで水面に浮かべた樽(たる)に乗って櫂(かい)でボールを扱う形式で競技が始まったとされており、馬上で行うポロpoloに倣って、英語ではウォーター・ポロwater poloという名称になったといわれている。1870年ごろ現在につながるルールの草案が考えられ始めたが、1876年、イギリスのボーンマス・ローイング・クラブがルールを整備したので、一般にこの年を水球元年としている。その後、ヨーロッパ大陸に急速に普及し、1900年の第2回オリンピック・パリ大会で男子水球が正式種目になった。とくにハンガリーではもともとの国技がハンドボールであったこと、および国内各地に天然温泉が多数あるため、冬季でもプレーできることから、水球も同国の国技となった。
 日本では、1910年(明治43)ごろ慶応義塾大学が採用し、その後各大学に広まり急速に発展した。日本チームのオリンピック参加は、1932年(昭和7)のロサンゼルス大会が最初である。
[黒田克己]2020年4月17日

現況

当初、ヨーロッパを中心に発展し、現在ではアメリカ、オーストラリアなどでも盛んになってきている。国際的な競技会としては、オリンピック、世界選手権、ワールドカップ、ワールドリーグなどの大規模なイベントが開かれているが、男子ではセルビア、モンテネグロ、ハンガリー、クロアチア、イタリア、ギリシア、スペインなどが世界の強豪といえる。加えて2010年代に入ってからオーストラリアおよび日本も力をつけ、ヨーロッパ列強のレベルに近づいている。
 女子については男子に遅れること100年で2000年のオリンピック・シドニー大会から正式種目になり、そのほかの競技会も男子と同様、世界選手権、ワールドカップ、ワールドリーグが行われている。女子の強豪国としてはアメリカ、ロシア、オーストラリア、イタリア、ギリシアがあげられ、ヨーロッパに上位国が集中している男子に比べて地域的な分散がみられる。
[黒田克己]2020年4月17日

設備と用具

最小限、ボール1個と両チームを区別する帽子、ゴールになる幅3メートル、高さ90センチメートルの木枠さえあれば、プールでも川でも海でも遊ぶことができる。公式戦の場合には、両ゴールライン間が男子30メートル、女子25メートル、男女ともに幅19~20メートル、水深2.0メートル以上のプールが競技場となる。2019年のルール改定に伴い、公式戦の場合はサイドラインの外にフライング・サブスティテューションflying substitutionという、サイドライン外での交代を行うための最低1メートル幅のエリアがあることが望ましい。
 用具は、ボール、帽子各チーム13(レフリーの認めた、赤色およびボールの色とは対照的な色。ゴールキーパーのみ赤)、ゴール1対(つい)、ショットクロック(30秒計)1対、8分計2個以上、記録用紙、セクレタリー用旗1組(赤白青黄)などが公式戦には必要になる。
[黒田克己]2020年4月17日

競技方法

水球は、前述の競技場で各7人(フィールダー6人、ゴールキーパー1人)からなる二つのチームの間で、ボールを相手側ゴールにシュートして得点を争う競技である。各チームには6人の交代要員がおり、総勢13人で1チームが構成される。競技は正味各8分(1ピリオド)ずつ4回行い、第1ピリオドと第2ピリオドの間および第3ピリオドと第4ピリオドの間に2分間ずつの休み時間を置く。チームのサイド交代は第2ピリオドと第3ピリオドの休憩時に行い、その間の休み時間は3分とする。延長戦は行われず、トーナメント戦のように勝敗を決する必要がある試合では4ピリオドの結果同点となった場合にはペナルティーシュート戦を行う。この場合、各チームは5人ずつのシューターを指名する。各チームは競技時間中にタイムアウト(1分間)を2回請求できる。
 ルール上禁止されている基本的なものとして、ゴールキーパー以外は片手でボールを扱わなければならない、ゴールキーパーは自陣6メートルライン内で両手を使うこと、握りこぶしでボールを打つことが許されている、などがある。
 反則にはオーディナリーファウル、エクスクルージョンファウル、ペナルティーファウルがある。
(1)オーディナリーファウル 比較的軽い反則で、相手方にフリースローが与えられる。相手の自由な動作を妨げること、両手で同時にボールに触れること、プールの底に立ってプレーすること、各ピリオド開始時のフライングスタート、ボール・アンダー・ザ・ウォーターball under the water(タックルされたとき、ボールを水中に沈めること)、プッシュオフ(タックルしようとする相手を押すこと)などがある。またシュートすることなしにボールを30秒以上保有することはできない。コーナースローやシュートをした後に、攻撃側チームが再度ボールを保持した場合は、攻撃側チームに新たに20秒のボール保有時間が与えられる。
(2)エクスクルージョンファウル 違反者は退水となり、相手方にフリースローが与えられる。ボールを持っていない相手を、押さえ、沈め、引き戻し、あるいはける動作をすること、相手に与えられたフリースローに対する妨害などがある。これらの違反者は20秒間の退水を命じられる。レフリーに対する不服従や試合をおとしめるような不行跡行為に対しては、交代競技者ありの残り試合時間中退水が命じられる。また、乱暴なプレーや、悪意をもって相手を殴る、ける、あるいは殴ろう、けろうとする行為をブルタリティ行為(暴力行為)といい、相手またはオフィシャル(レフリーを含む競技役員や、相手チームを含むベンチ役員など)に対してこれを行った場合、競技中であれば、違反者は残り試合時間中退水となり、相手方にペナルティースローが与えられる。プレー中断中、タイムアウト中などであれば、違反者は残り試合時間中退水となるが、ペナルティースローは与えられない。この場合、交代競技者はこの反則があった4分後に入水が可能となる。また、ブルタリティ行為を犯した競技者に対しては次の試合以降で最低1試合の出場停止処分が科される。
(3)ペナルティーファウル 相手方に5メートルライン上任意の地点からペナルティースローが与えられる反則。守備側が自陣6メートルライン内で、それがなければおそらく得点となると思われる反則を犯した場合に防御側にペナルティーファウルが判定され、攻撃側にペナルティースローが与えられる。この反則には防御側がゴールを動かしたり沈めたりする行為、6メートルライン内の位置で両手でシュートやパスのブロックを試みる、防御側の新たなボール保持が確定していない段階で相手がタックルしてボールを奪おうとしたときボールを水中に沈める、なども含まれる。防御側が6メートルライン内で、相手を殴ったり、けったりするブルタリティ行為を犯すなどした場合には、ペナルティースローに加え、反則を犯した競技者は残り試合時間中退水となる。
 なお、前記エクスクルージョンファウルあるいはペナルティーファウルを犯した競技者にはパーソナルファウルが記録される。三つめのパーソナルファウルを科せられると、残り試合時間中退水となる。
 また、ボールをサイドラインの外に出したときには相手方のフリースローとなり、ゴールラインの外に出したときは、攻撃側のシュートを防御側がブロックした場合は守備側のゴールスロー、守備側のゴールキーパーが出した場合、あるいは防御側がパスをゴールラインの外に出した場合は攻撃側のコーナースローになる。
 審判は2名で行われ、競技について絶対的権限をもっている。この2名の審判員(レフリー)のほか、2名のゴールジャッジがゴールラインの延長上にいる。
 このほか競技役員として、正味競技時間と休憩時間、各チームのボールの継続保有の時間を計るタイムキーパー2~3名、競技者の退水時間を管理し、パーソナルファウルを記録・管理し、それを通知する任務をもつセクレタリーが2名いる。加えて公式試合には試合統括者(デレゲート)と審判審査員およびビデオアシスタントレフリー各1名が配置される。
[黒田克己]2020年4月17日