日本大百科全書(ニッポニカ)

トサミズキ
とさみずき
〔土佐水木〕
[学]Corylopsis spicata Sieb. et Zucc.

マンサク科(APG分類:マンサク科)の落葉低木。高さ3メートルほどになる。幹は黄褐色、よく分枝する。葉はやや厚く、卵円形、長さ5~10センチメートル、下面に軟毛があり、波状の低い鋸歯(きょし)がある。花は淡黄色で葉よりも先に開き、3~4月、下垂する穂状花序に7~10個つく。果実は長楕円(ちょうだえん)形の蒴果(さくか)で、黒いつやのある2種子がある。高知県に分布し、蛇紋岩地や石灰岩地に生える。葉がミズキに似ていて、土佐(とさ)で発見されたのでこの名がある。江戸時代から観賞用に栽培され、現在でも各地で庭園樹として普通に栽培されている。
 トサミズキ属は日本、朝鮮半島、中国、ヒマラヤに約25種が分布し、日本にはトサミズキのほかに、キリシマミズキ、コウヤミズキ、ヒュウガミズキの3種がある。
[門田裕一]2020年5月19日

メディア