日本大百科全書(ニッポニカ)

バクスター
ばくすたー
Baxter 英語

服属アーキテクチャ-で著名な元マサチューセッツ工科大学(MIT)教授のブルックスRodney Allen Brooks(1954― )が、2012年に立ち上げたRethink Robotics(リシンク・ロボティクス)社で、最初の製品として売り出した新しい概念の産業用ロボット。ブルックスはロボット掃除機ルンバのiRobot(アイロボット)社の共同創設者でもある。
 これまでのほとんどの産業用ロボットは片腕であり、作業の効率の悪さのみでなく、双腕でないと不可能な作業が遂行できなかった。バクスターは片腕7自由度、双腕で14自由度に加え、カメラ(顔などの情報伝達モニターのヘッド部)の首振り2自由度(パン、チルトの2軸)を加えた多自由度双腕ロボットである。直列弾性アクチュエータを用いて、衝突の際に柔らかさを担保し、ロボットの標準OSであるROS(Robot Operating System)による汎用(はんよう)プログラミングを可能にしている。各種センサーを内蔵し、ボトルなどの各種製品の取り出しやパッケージング、金属部品の組立て、バリ取りなどの研磨作業支援、PCB基板(プリント回路板)のハンドリングと検査支援、コンピュータ数値制御機械(CNC)の補助、各種製品の作動試験や検査などをはじめとするさまざまな応用を可能としている。価格が2万ドル台で、これまでの産業用ロボットに比して低価格であり、それまで導入困難であった中小・零細企業をターゲットにしているが、研究者向けの共通の道具としても利用価値が高い。なお、Rethink Robotics社は2018年10月に廃業、その後、ドイツのHAHNグループがRethink Roboticsのすべての権利を買収し、新たにドイツ法人として事業を継続している。
[浅田 稔]2020年5月19日