日本大百科全書(ニッポニカ)

アカムツ
あかむつ
〔赤鯥〕
blackthroat seaperch
[学]Doederleinia berycoides

硬骨魚綱スズキ目ホタルジャコ科に属する海水魚。1984年、科の分類がスズキ科からホタルジャコ科に変更された。太平洋側では北海道から、日本海側では青森県以南から九州南岸まで、東シナ海、朝鮮半島南岸、山東(さんとう)半島、台湾、フィリピン諸島、インドネシア、オーストラリア北西岸に分布する。体は長卵形で側扁(そくへん)する。目と口が大きく、眼径は吻長(ふんちょう)より大きい。上顎(じょうがく)の後端は目の中央部下に達し、下顎は上顎よりもわずかに突出する。鱗(うろこ)は大きい櫛鱗(しつりん)で、はがれやすい。背びれ棘(きょく)部と軟条部の境に深い欠刻(切れ込み)がある。背びれと臀(しり)びれの棘は細くて弱い。胸びれは長くて、先端は臀びれの始部付近に達するが、腹びれは短い。体色は赤色で、腹方は白い。背びれ棘部の縁と尾びれの後端は黒い。口内が黒いので、別名ノドグロともよばれる。水深60~600メートルの大陸棚とその斜面にすみ、10センチメートル前後の小形魚は約100メートル付近に、20センチメートル以上の大形魚は200メートル以深にすむ。小形魚類、大形甲殻類、イカ類などを捕食する。雌は4年、雄は3年で成熟する。7~10月に大陸棚より深い岩場周辺で産卵し、多くの雄は産卵後に死ぬと考えられている。満1年魚までは雌が雄より少ないが、満2年魚から逆転し、3年目では雌が80%、4年目では98%ぐらいを占める。1年で10センチメートル前後、3年で20~23センチメートル、5年で27~31センチメートルになり、雌は雄より成長がよい。最大全長は40センチメートルに達する。小形魚は冬季に山陰地方で底引網により多量に漁獲される。肉は白身で煮つけ、たたき、焼き物などにすると美味である。大形魚は高級魚であるが、小形魚の価格も上昇してきている。
[片山正夫][尼岡邦夫]2020年6月23日