日本大百科全書(ニッポニカ)

アラ
あら
〕ara 英語
sawedged perch 英語
[学]Niphon spinosus

硬骨魚綱スズキ目ハタ科ハタ亜科に属する海水魚。背びれ棘(きょく)が13本あることで、11本をもつほかのほとんどのハタ族と区別され、アラ族に含められる。太平洋側では北海道から、日本海側では青森県から九州南岸、東シナ海、中国、朝鮮半島南岸、台湾、スル海などに分布する。大阪地方でホタ、高知地方でオキスズキとよばれている。体はやや長く側扁(そくへん)し、体高は体の中央部でもっとも高い。吻(ふん)はやや長くてとがる。上顎(じょうがく)の後端は目の前縁下に達する。前鰓蓋骨(ぜんさいがいこつ)の後縁は鋸歯(きょし)状で、隅角(ぐうかく)部にある大きな棘は後方に突出する。主鰓蓋骨の上部に3本の棘がある。背びれ棘部と軟条部の間は深くへこむ。鱗(うろこ)はきわめて小さく、側線有孔鱗(ゆうこうりん)数は84~93枚。幼魚には、吻端から目を通り尾部後端に達する灰褐色の縦帯があり、背びれ軟条部の前部、および尾びれに2個の大きな黒斑(こくはん)がある。成長につれてこれらの斑紋は不明瞭(ふめいりょう)となる。沖合いの水深70~360メートルの沿岸から大陸棚の縁辺の岩礁域や砂底域にすむ。全長は1メートルほどになる。初冬から春までが漁期で、延縄(はえなわ)や一本釣りで漁獲される。深海性の大形魚だけに、一本釣りはその豪快さが釣り人に人気がある。餌(えさ)はサバ、サンマ、イカなどの切り身を用いる。幼魚は底引網で漁獲される。白身の高級魚で、冬季は肉に脂肪がのり、刺身、鍋物(なべもの)、蒸し物にすると美味である。
[片山正夫][尼岡邦夫]2020年6月23日

ジャパンナレッジとは
   

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
    日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

 

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る