日本大百科全書(ニッポニカ)

景徳鎮窯
けいとくちんよう

中国を代表する名窯。窯(かま)は江西(こうせい/チヤンシー)省景徳鎮(けいとくちん/チントーチェン)市およびその周辺に広がっており、中国の最大の古窯であると同時に、現代中国製陶業界においても第1位を占める。景徳鎮窯が初めて歴史に登場するのは隋(ずい)・初唐ともいわれるが、考古学調査では晩唐から五代にかかる9~10世紀にその始原が認められている。初め特色の乏しい青磁や白磁を焼き、当時は昌南(しょうなん)鎮と称していた。そして北宋(ほくそう)景徳年間(1004~07)に景徳鎮と改称した。この時期が確かに景徳鎮窯の台頭期であり、青白磁とよばれる青みのある白磁は、饒玉(宋代には鎮は饒州に属した)という美称を受けた最高級の精作をつくりあげた。元(げん)後期の14世紀には染付磁器を創始して中国陶磁器の王座の位置を固め、明(みん)朝初頭の永楽(えいらく)年間(1403~24)には明朝の官窯が設けられ、さらに不動の名声を得た。清(しん)朝もまた康煕(こうき)19年(1680)に官窯を設置している。元明清時代にあっては、景徳鎮窯の浮沈はそのまま中国陶磁界の主流の浮沈につながるほどであった。
[矢部良明]

ジャパンナレッジとは
   

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
    日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

 

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る