日本大百科全書(ニッポニカ)

ラフレシア
らふれしあ
[学]Rafflesia arnoldii R.Br.

ヤッコソウ(ラフレシア)科ヤッコソウ属(APG分類:ラフレシア科ラフレシア属)中の1種。1818年スタンフォード・ラッフルズが発見した。花径が1メートル内外、重さ7キログラムになる世界最大の花として知られる。スマトラ、ジャワなどのジャングルにまれに自生する。ブドウ科シッサス属の植物に寄生し、根が菌糸状に寄主に入り、花だけを地上に出す。雌雄異花。花は5弁で多肉質である。花弁は黄赤色で、楕円(だえん)形の斑紋(はんもん)が散在する。花の中心には半球形椀(わん)状の花筒部があり、その底に鋭い突起物の盤状体がある。つぼみから開花まで1か月以上かかり、開くと2~3日で腐る。花は悪臭を放つ。
[植村猶行]2020年6月23日