日本大百科全書(ニッポニカ)

常磐炭田
じょうばんたんでん

福島県南東部から茨城県北東部にかけて分布した石炭埋蔵地域。南北95キロメートル、東西5~25キロメートル、面積780平方キロメートル、西高東低の傾斜で海底にも広がる。炭質は非粘結性の瀝青炭(れきせいたん)、褐炭で、平均5300カロリーの低品位で原料用炭には向かず一般燃料用炭であった。
 1855年(安政2)、片寄平蔵(かたよせへいぞう)が現在のいわき市内郷(うちごう)白水(しらみず)の弥勒沢(みろくさわ)で炭層を発見して本格的稼行が始まり、小名浜(おなはま)、中之作(なかのさく)などの海港から帆船で江戸、横浜方面へ出荷した。1877年(明治10)の西南戦争による九州炭の輸送困難を機に注目されるようになり、1883年浅野系資本による磐城炭礦社(いわきたんこうしゃ)の設立、1890年川崎系(のち大倉系)の入山採炭株式会社(いりやまさいたんかぶしきがいしゃ)の設立で本格的な資本制採炭が始まった。斜坑の採用、蒸気機関の採用、小名浜への軽便鉄道の敷設など生産、搬出の基盤整備が進められた。1897年の常磐線の開通は本州における常磐炭田の地位を確立させた。
 1944年(昭和19)戦時措置により磐城炭礦と入山採炭が合併して常磐炭礦株式会社となり、戦中戦後のエネルギー供給に貢献、地域の社会、経済に影響を与えたが、1971~1976年のエネルギー革命の波は多くの坑口を閉ざした。現在採掘は行われていない。炭田の中心地いわき市常磐湯本(かつての磐城礦業所)にいわき市石炭・化石館がある。
[原田 榮]

メディア

ジャパンナレッジとは
   

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
    日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

 

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る