日本大百科全書(ニッポニカ)

早慶戦
そうけいせん

早稲田(わせだ)大学と慶応義塾大学のスポーツ競技の試合。かつては主として野球の試合をさした。ラグビーやサッカー、レガッタ(ボート競技)の両校の対抗試合もよく知られているが、ここでは野球を中心に解説する。草創期の日本の野球をリードした第一高等学校(東京大学教養学部の前身)野球部が誕生したのが1888年(明治21)で、当時は無敵を誇り、日本野球史上「一高時代」といわれる一時期を現出した。この一高全盛の余波を受けて、東京や盛岡、水戸、神戸などの中等学校も活発な動きをするようになり、これらの中等学校の選手が早稲田大学、慶応義塾大学に入学するとともに、早慶両チームが台頭した。しかし一高は依然日本球界の王座にあったが、1903年(明治36)秋に最初の早慶戦が挙行され、1904年には早慶が相次いで一高を降(くだ)し、以後早慶両校の決戦が、日本の球界の王座を争う試合となった。しかも早大は1905年春、安部磯雄(あべいそお)部長の決断で、日露戦争中にアメリカ遠征を行い、成績は7勝19敗であったが、技術的に大きな収穫を得た。ところが、1906年秋のシーズンに1勝1敗のあと、第3戦を迎えるに際し、応援団どうしの対抗意識が引き起こした問題から突然中止のやむなきに至った。野球上昇の機運のときに早慶戦は19年間も空白の時代を迎えた。その間1911年から、両大学OBによる三田・稲門(とうもん)戦が行われた。その後、明治大学が加わった早慶明のリーグ戦、さらに1917年(大正6)法政大学が加わった早慶明法、1921年立教大学も加わる早慶明法立のリーグ戦が開始されたが、いずれも早慶戦抜きの変則であった。1925年秋になると、五大学リーグ戦に東大が加入し、さらに明治、法政の強い要請により早慶戦が復活し、ここから名実ともに備わった六大学リーグ戦が挙行されることになった。以来、春秋の早慶戦は、大学野球の象徴的な存在として、かならずリーグ戦の最終週に行われる。
[神田順治][森岡 浩]