日本大百科全書(ニッポニカ)

コカノキ
こかのき
[学]Erythroxylum coca Lam.

コカノキ科(APG分類:コカノキ科)の常緑低木。南アメリカ原産で、アンデス山脈の標高700~1700メートル、雨の多い谷の傾斜地で栽培する。ペルー、ボリビア、コロンビアで多く栽培され、またインドネシア、スリランカ、台湾でも栽培される。高さ1~2メートル。葉は互生し、黄緑色で柔らかく、披針(ひしん)形ないし長楕円(ちょうだえん)形で、長さ約6センチメートル、先はややまさかり形で小さな刺(とげ)となり、全縁で、主脈に平行して両側に1本ずつ線があって、葉柄は短い。初夏、黄緑色の小花を落葉後の枝につける。萼(がく)は緑色で小さく、5深裂し、花弁は5枚で基部の内側に2裂する舌状の付属物がある。雄しべは10本、花柱は3本あり長楕円形の子房につく。果実は長さ約1センチメートルの卵状長楕円形で赤く熟し、液汁が多く、中に種子1個をもつ。
[長沢元夫]2020年6月23日

薬用

コカノキの葉をコカという。1532年、スペイン人がペルーの奥地に入ったとき、土地の人が皆コカを口に入れてかむことを知り、またコカノキを栽培しているのをみた。1日に平均30~50グラムの葉を石灰または植物灰といっしょにかむと、短時間であるが力がつき、疲労と空腹を忘れる。この作用は強いので幸福の護符にもされ、インカの神像は両手にコカを持っている。含まれているおもなアルカロイドはコカインで、これは粘膜から容易に吸収され、知覚神経の末端に作用して、痛覚、味覚などのすべての感覚を消失させるので、手術や診断の際の局所麻酔剤として使うことは1862年から始まった。連用すると慢性中毒にかかり、その症状はモルヒネ中毒のときに似ているが、それより悪性で、すぐに栄養障害に陥り、ついに精神障害をおこすので、コカおよびコカインの取扱い、製造、販売には麻薬取締法が適用される。
[長沢元夫]2020年6月23日
 なお、コーラ飲料の代表的な銘柄として知られる「コカ・コーラ」には、コーラノキの種子エキスのほかにコカなども含まれているといわれる。しかし、コーラ飲料に使うものは熱処理をしてあるので、コカインなどの麻薬成分はなくなって無害となっている。
[齋藤 浩]2020年6月23日

ジャパンナレッジとは
   

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
    日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

 

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る