日本大百科全書(ニッポニカ)

パッションフルーツ
ぱっしょんふるーつ
passion fruit
[学]Passiflora edulis Sims

トケイソウ科(APG分類:トケイソウ科)の多年生つる草。果実を食用とするため、和名をクダモノトケイソウという。ブラジル原産。葉は三叉(さんさ)状に分裂する掌状単葉で、横径12センチメートル。花は新生したつるの葉腋(ようえき)に単生し、早朝に開花、午後には閉じる。花形はトケイソウと同様で、花弁、萼片(がくへん)とも5枚で白色。基部が紫色の糸状の副花冠が多数ある。雄しべは5本、雌しべは1本で柱頭が三裂する。トケイソウの名は、この花形を時計の文字盤に見立てたもの。果実は球形または楕円(だえん)形で、長さ5~8センチメートル。熟すにつれて黒紫色となるが、別に黄色になるキイロクダモノトケイソウもある。中南米で栽培が多いが、沖縄でも栽培できる。近縁種に、品質のよいグラナディヤ、大果のオオミトケイソウ、高地にできるバナナパッションフルーツなどがある。
 果皮はもろく、厚さ3ミリメートル、中に乳白色のパルプに包まれた多数の種子がある。パルプは多汁で甘・酸味が適和し、芳香があって美味である。果実は生食および加工用とする。生食ではパルプに包まれた種子もそのまま食べる。加工はジュース専用で、果皮付き搾汁(さくじゅう)と、種子とパルプを分離してパルプのみからの搾汁の2方法がある。前者は果皮の色やえぐ味がつく。後者は収量は少ないが黄色の特徴あるジュースが得られる。搾汁後は変質を防ぐため、すぐ冷蔵するか、高温殺菌(85℃で5分)または瞬間殺菌する。単独で飲用するかリンゴ果汁やオレンジピューレなどと適宜混ぜて利用する。なお生果汁100グラム中には糖質15.8グラム、カロチン1400マイクログラム、A効果780IUを含み、酸度は3.0前後である。
[飯塚宗夫]2020年6月23日