日本大百科全書(ニッポニカ)

通級指導教室
つうきゅうしどうきょうしつ

通常の学級に在籍する障害のある児童生徒に対して、別室で週に数時間行われる特別な指導を通級による指導という。通級による指導を行う別室が通級指導教室である。指導内容としては、各自の障害に基づく種々の困難を主体的に改善・克服するための自立活動などが中心となる。対象児童生徒は、比較的軽度の視覚障害、聴覚障害、肢体不自由、病弱・身体虚弱、言語障害、自閉症、情緒障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)のある児童生徒である。特別支援学級とは別個のもので、特別支援学級に在籍する児童生徒は対象とならない。

 通級による指導は、「学校教育法施行規則」の一部改正により制度化され、1993年(平成5)4月から小学校、中学校に導入された。その後、ニーズの高まりにより、2018年(平成30)4月からは高等学校にも導入された。

[野口武悟]2020年8月20日

ジャパンナレッジとは
   

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
    日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

 

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る