日本大百科全書(ニッポニカ)

ゼラニウム
ぜらにうむ
geranium
Pelargonium

フウロソウ科(APG分類:フウロソウ科)テンジクアオイ属の総称。植物分類で用いる属名のGeraniumはフウロソウ属のことで、ゲンノショウコやハクサンフウロがこれに属する。テンジクアオイ属には約250種あり、主として南アフリカに分布する。そのうちよく栽培されるモンテンジクアオイ(紋天竺葵)P. zonale Ait.を一般にゼラニウムと称しており、属名のペラルゴニウムでよんでいるのはナツザキテンジクアオイである。

 ゼラニウムは半低木状になる多年草で、茎はやや多肉質で高さ30~80センチメートル。葉は互生し、やや厚く、葉面に褐色の馬蹄(ばてい)状の斑紋(はんもん)があるものが多い。花は長い花茎に散形状に多数つき、赤、桃、淡赤、白色、絞りなどがある。四季咲き性で一重のほか八重咲きもある。普通は温室またはフレームで栽培し、鉢、プランター植えにして花や美しい模様のある葉を観賞するが、花壇にも植えられる。改良が進み多くの種類があり、次のように分類される。

 ハナゼラニウム系は花が大房状になり、高性で一重、八重咲きがあり、花色が豊富で、もっとも広くつくられている。繁殖は挿木による。一代交雑種系はハナゼラニウムの系統に含まれるが、実生(みしょう)でつくる系統のものである。一代交雑種系は開花までの期間が短く、スプリンター種の仲間は4か月で開花、矮性(わいせい)となる。ドワーフ系は高さ約20センチメートルの矮性種である。ミニゼラニウム系は高さ10~15センチメートルの極矮性種で、小鉢づくりによいが、高温期に弱りやすいために、つくりにくい。ほかに、葉色が美しい観葉種として変わり葉系があり、ツタバゼラニウムは茎は細く地をはって伸び、葉がツタに似ているのでこの名がある。全体がアイビーに似るのでアイビーゼラニウムの名もあり、吊(つ)り鉢に適している。

 栽培は排水のよい土を用い、十分日に当て、夏は通風をよくする。冬は5℃以上に保つようにするが、暖地では戸外でも越冬する。

[山口美智子]2020年8月20日

文化史

世界でもっとも多く栽培される鉢花の一つ。ゼラニウム属はリンネが設立したが、1787年フランスのレリティエL'Heritierが、5枚の花弁のうち上部の2枚が小さく、雄しべが5~7本しかない種類をペラルゴニウム属に移し、ゼラニウム属を、花弁が同形で、雄しべが10本の特徴をもつものに限定した。これに伴い、園芸上のゼラニウムはペラルゴニウム属となった。17世紀に当時イギリス領のケープ植民地からオランダに導入が始まり、1687年にはライデン植物園のリストに10種の名があがる。ツタバテンジクアオイは1701年にイギリスとフランスに、モンテンジクアオイは1710年イギリスにもたらされた。イギリスのフランシス・マッスンFrancis Massonはクックの第二次探検隊に参加、1772年南アフリカに上陸し、50近い種を発見、イギリスに送った。イギリスでは19世紀のビクトリア朝に大流行した。日本への渡来は幕末で、花よりも葉の紋が人気をよび、明治と昭和の初期にブームをおこした。1940年(昭和15)の『葉変葵銘鑑(ようへんあおいめいかん)』には118の品種の番付が記載されている。

[湯浅浩史]2020年8月20日

メディア

ジャパンナレッジとは
   

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
    日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

 

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る