日本大百科全書(ニッポニカ)

ゲンノショウコ
げんのしょうこ
〔現証拠〕
Geranium thunbergii Sieb. ex Lindl. et Paxton
Geranium nepalense Sweet subsp. thunbergii (Sieb. et Zucc.) Hara

フウロソウ科(APG分類:フウロソウ科)の多年草。茎は分枝して地上をはい、また多少直立し、長さ50~70センチメートルに達する。葉柄とともに下向きの開出毛が多い。葉は3~5裂し、幅3~7センチメートル、若いときは暗紅色の斑(ふ)があり、裂片の先は鈍くとがり少数の歯牙(しが)がある。葉柄は長く、対生するが、一方の柄(え)はやや長く、隣の節では反対側の柄が長い。7~10月に葉腋(ようえき)から花茎を出し、その先に2個の花をつける。花は径1~1.5センチメートル、花弁は紅紫色、淡紅色または白色で紅色の脈がある。蒴果(さくか)は長さ1.2~2センチメートルで、成熟すると5裂し、果皮裂片は錨(いかり)形となる。日本、朝鮮半島、台湾、極東ロシア、中国南部の山野に普通に生える。

[長沢元夫]2020年8月20日

薬用

多量のタンニン(葉は20%、全草では5%)とケルセチンを含有するので消炎、止血、収斂(しゅうれん)、殺菌作用をもち、大腸カタル、赤痢、胃潰瘍(いかいよう)、十二指腸潰瘍などに1日10~40グラムを煎(せん)じて服用する。よく効くので「現の証拠」という。方言としてミコシグサ、ネコアシ、イシャイラズ、リビョウソウ、イシャコロシ、ロウソクバナなどがある。

 同属の植物はすべてゲンノショウコと同じように使用することができる。たとえばイギリスに多いヒメフウロG. robertianum L.は赤痢の特効薬として民間で使われている。花期の地上部を採取することに決めているのは、同じ場所に有毒なキンポウゲ科の植物が生えており、葉形が似ていて混用されるのを防ぐためである。以前はゲンノショウコの中国名に牛扁(ぎゅうへん)や牻牛兒苗(ぼうぎゅうじびょう)をあてたが、これは中国産のキクバフウロErodium stephanianum Willd.であり、誤用である。中国南部からヒマラヤ地域にかけて基本亜種が分布している。

 中国ではキクバフウロ、ミツバフウロG. wilfordii Maxim.イチゲフウロG. sibiricum L.などとともに老鸛草(ろうかんそう)と称して、神経痛やリウマチによる筋骨の疼痛(とうつう)や麻痺(まひ)、打撲傷などの治療に用いている。

[長沢元夫]2020年8月20日

ジャパンナレッジとは
   

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
    日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

 

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る