日本大百科全書(ニッポニカ)

安全色彩
あんぜんしきさい
safety color 英語

危険箇所や避難経路などの安全性を、だれもが遠くからひと目でわかるように示す色。日本工業規格(JIS)によって規定される。安全色ともいわれる。赤、黄赤、黄、緑、青、赤紫の6色に、対比補助色として白、黒を加えた8色がある。危険防止や緊急事態への対応を迅速・正確に識別・行動してもらう目的で、1951年(昭和26)にJISの鉱山保安警標として導入され、1953年にJISの安全色彩使用通則として制定された。安全色彩は火気厳禁、足元注意、非常口、消火栓など公共の場での案内板や道路の交通標識などに広く使われている。赤には「防火」「禁止」「停止」「高度の危険」、黄赤には「危険」「航海・航空の保安施設」、黄には「注意」、緑には「安全」「避難」「衛生」「救護」「進行」、青には「指示」「用心」、赤紫には「放射能」、白には「通路」「整頓」の意味があり、黒は文字、記号、矢印などに使用するほか、黄赤や黄、白を引き立てる補助色としても使用する。安全色彩は色相、明度、彩度の色の3属性を定量的に表すマンセル値(Munsell color system)によって定められている。
 2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会を控え、2018年に安全色彩が13年ぶりに改正され、色覚に障害がある人を含めてだれもが識別しやすい「ユニバーサルデザインカラー」とされた。従来の安全色彩に対し、弱視、色覚障害、白内障など一部の人から「赤が暗くて黒と紛らわしい」「青と緑の区別がつきにくい」といった問題点が指摘されていたため、赤、黄赤、緑には黄みを加え、黄は赤みを抜いて明度を上げ、青も明度を上げ、赤紫には青みを加えた。同時に、蛍光にする場合のほか、パソコン画面、プリンター出力時などの色彩の推奨値も初めて定めた。
[矢野 武]2018年12月13日