日本大百科全書(ニッポニカ)

早朝高血圧
そうちょうこうけつあつ

仮面高血圧を構成する病態の一つで、診察室血圧(医療機関受診時の血圧)は140/90ミリメートル水銀柱(mmHg)未満で、早朝に測定した家庭血圧の平均が135/85mmHg以上である場合をさす。夜間高血圧から移行するタイプと朝方に血圧が急上昇するサージタイプがあり、両者はともに心血管疾患のリスクとされる。
[編集部]2018年12月13日