日本大百科全書(ニッポニカ)

日本テレビ放送網
にっぽんてれびほうそうもう
Nippon Television Network Corporation 英語

関東圏をエリアとするテレビ放送会社で、日本テレビ系(NNN・NNS)地方系列局のキー局。同グループの持株会社日本テレビホールディングスの子会社である。略称はNTV、日テレ。読売新聞社社主の正力(しょうりき)松太郎の強力なリーダーシップで1953年(昭和28)民放として初のテレビ局開局。当初は東京タワーではなく自社鉄塔(東京都千代田区麹(こうじ)町)から放送し、いち早くカラー実験放送(1957)、東証上場(1959)、音声多重放送(1978)、全国規模の出口調査による選挙報道(1992年、フジテレビジョンと同時)、テレビ局主導のインターネット動画配信(2005)を始めるなど、進取に富む社風が特徴である。放送のデジタル化や通信との融合が進むなか、2012年(平成24)10月、日テレグループは経営の効率化や異業種との機動的提携を進める目的で認定放送持株会社を立ち上げ、日本テレビ放送網はBS日本、CS日本などとともにこの持株会社傘下に入った。持株会社の上場で、日本テレビ放送網の東証一部上場は廃止された。経営面では読売新聞社と緊密な関係にある。番組面では読売ジャイアンツの野球中継や力道山(りきどうざん)率いる日本プロレス中継などスポーツ番組がドル箱であったほか、「11PM(イレブンピーエム)」「笑点(しょうてん)」などの娯楽番組、「NNNきょうの出来事」「ズームイン!!朝!」といった情報・報道番組を制作。アニメーションでは「ルパン三世」シリーズや「それいけ!アンパンマン」などの長寿番組を生み出し、映画化にも積極的に参画。「太陽にほえろ!」「われら青春!」「家なき子」などのドラマも人気を博した。24時間統一テーマで放送する『24時間テレビ「愛は地球を救う」』、視聴者の海外旅行参加型クイズ番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」など斬新(ざんしん)な放送スタイルを積極的に導入。1994年(平成6)~2003年(平成15)、2011年、2014年~2017年に視聴率三冠王(ゴールデンタイム、プライムタイム、全日で年間視聴率トップ)を獲得した。本社は東京都港区東新橋(ひがししんばし)。資本金は60億円(日本テレビホールディングス全額出資)。従業員1263人(2018)。
[矢野 武]2018年12月13日