日本大百科全書(ニッポニカ)

ドガ
どが
Edgar Degas 英語
[1834―1917]

フランスの画家。本名Hilaire Germain Edgar de Gas。7月19日パリに生まれる。父は、祖父がナポリに創設した銀行のパリ支店長で、芸術の愛好者。ドガは銀行家の長男にふさわしく、名門ルイ・ルグラン中学に学び、古典の教養を積む。1853年パリ大学法学部に籍を置くが、同時にバリアスのアトリエにも通い、またパリ国立図書館の版画室で古典作品の模写をも試みる。翌年、法律の勉強を放棄し、アングルの熱烈な弟子ルイ・ラモットの画塾で本格的な修業を始めた。55年エコール・デ・ボザール(国立美術学校)に入学。この年、父の友人バルパンソンを通じて晩年のアングルを訪ねる機会を得、生涯忘れえぬ思い出を心に刻むことになる。古典派の巨匠はドガにこう助言した。「線を引きなさい、たくさんの線を。記憶によってでも、ものを見ながらでもかまいません。」彼はアングルからデッサンを大いに学ぶが、それはドガ芸術のもっとも本質をなすものの一つといえる。初期の作品のなかでとりわけ高い芸術的達成を示しているのは、近親者や友人の肖像画だが、その現実的感覚と繊細な美的表現にアングルの影響をみるのは容易であろう。56年から60年にかけて、親族が暮らし、父が生まれたイタリアに旅し、各地を訪れ、古典作品に触れて盛んに模写を試みた。この旅行から、微妙な心理的洞察に満ちた大作『ベレッリ家の家族』が生まれる。肖像画とともに、彼は伝統的傾向に従って『少年たちに挑戦するスパルタの娘たち』など一連の歴史画に取り組む。しかし歴史画時代も65年にサロンへのデビューを飾った『オルレアン市の災禍』でほぼ終わりを告げ、彼の目はしだいに現代生活へと向けられていった。
 同じブルジョア的趣味を分かちもつマネと出会い、カフェ・ゲルボワやカフェ・ド・ラ・ヌーベル・アテーヌで画家や文学者と集い、印象派展に参加する。1874年から8回開かれたこのグループ展に彼は7回も出品し、積極的な推進役ともなるが、印象派の美学に全面的に賛同していたわけではなく、外光表現にはほとんど関心がなかった。舞台や稽古(けいこ)場の踊り子、競馬の馬と騎手、婦人帽子屋や洗濯屋の女、入浴する女などが彼の主要なテーマとなる。全作品のほぼ半数を占める踊り子の作品は70年代前半から本格的に描かれ、競馬は60年代から断続的に、また浴女は80年ごろから盛んに描かれる。さまざまな人体のポーズ、大胆なトリミング、特異な視点の設定、意表をつく構図など、その作品には運動の印象に鋭く感応する画家がとらえた、動くものの一瞬の姿、生の現実が描かれている。それも単なる偶然によって切り取られた一断面ではなく、熟慮された瞬間の様相であり、卓越したデッサン力と飽くことのない努力から生まれたものである。後年、パステルを多用し、色彩画家としての側面をも遺憾なく発揮した。しかし、93年ごろから極度に視力が衰え、ほとんど失明に近い状態になったのちは、80年代から手がけていた蝋(ろう)による彫刻に没頭した。だが、それもやがて放棄し、1917年9月26日パリに没した。
[大森達次]