ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 季節
  8. >
  9. 天気
  10. >
  11. やま‐せ【山背】

ジャパンナレッジで閲覧できる『やま‐せ【山背】』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本国語大辞典

やま‐せ【山背】

解説・用例

〔名〕

山を越えて吹いてくる風。また、夏、東北地方の太平洋岸に吹く冷涼な北東風。《季・夏》

*弁乳母集〔11C後か〕「勝ち負けの弓のやませに散花をまとゐの外の人も見よかし」

*俚言集覧〔1797頃〕「山せ 風の名近江にていふ」

*大坂繁花風土記〔1814〕浜方手引草「やまぜ。南にて西へよる風の名、大悪風也」

*風俗画報‐一五二号〔1897〕人事門「其靡く向を見て、何月は山背(ヤマセ)(東風)なれど何月はクダリ(南風)なり」

語誌

(1)本来、山の向こうから吹いてくる風のことで、山背の漢字表記がなされ、語源説では「セ」を風とみるものが多い。

(2)地方によって風向や付随する意味も様々である。この語が風名の中でも比較的有名なのは、方言の分布地域の広さのほか、この風の東北地方の太平洋側での実態などによると考えられる。特に三陸地方では初夏から夏にかけての冷涼な北東風を指し、冷害の原因となるところから、一般にも関心が向けられることが多い。一方、日本海側では出港のために好ましい風とされる地域もある。

方言

(1)山の方から吹く風。山風。やませ石川県能美郡012鹿島郡411島根県725やまで静岡県榛原郡・賀茂郡521

(2)陸から沖に吹く風。やまで静岡県静岡市054志太郡521やまて静岡県賀茂郡521島根県益田市・隠岐島725

(3)梅雨時に夜明けごろ陸から沖に向かって吹く風。やませ岩手県気仙郡102

(4)山から吹く突風。やまぜ愛媛県840

(5)冬期、時雨に伴って吹いて来る風。やまぜ長崎県五島917

(6)あらし。やませ山形県飽海郡141

(7)東風。やませ津軽†035羽後能代†053北海道函館067青森県073084新潟県佐渡359やまへ青森県(これが激しい年は凶作になる)082844やまひ青森県073やませかぜ〔─風〕新潟県佐渡「やませかぜと商人は内へ入れるな」359

(8)東南風。やませ北海道065新潟県佐渡351石川県河北郡・金沢市404鳥取県東伯郡711島根県安濃郡844岡山県浅口郡844やまぜ三重県南牟婁郡603兵庫県淡路島671岡山県浅口郡844愛媛県温泉郡844高知県安芸郡844やまて島根県益田市・隠岐島725

(9)南風。やませ京都府竹野郡(一二月ごろ吹く風)「秋のやませは雪をよぶ」622島根県八束郡(秋に吹く風)844やまぜ三重県北牟婁郡(激しい南風)054志摩郡585兵庫県淡路島671愛媛県伊予郡844やまで兵庫県赤穂郡660山口県徳山市・大津島803

(10)南南西の風。やませ三重県志摩郡001

(11)西南風。やませ千葉県海上郡261鳥取県八頭郡(冬吹く風)012西伯郡712やまぜ茨城県稲敷郡188静岡県浜名郡545愛知県愛知郡563知多郡569三重県志摩郡585兵庫県淡路島671印南郡844和歌山県690徳島県板野郡844香川県大川郡844高知県安芸郡844大分県中津市844やまで和歌山県日高郡698

(12)西南西の風。やませ島根県能義郡844やまぜ香川県「やまぜくろたら秋になる」829

(13)北北西の風。やませ高知県安芸郡844

(14)北風。やませ秋田県南秋田郡012やませかぜ青森県西津軽郡073

(15)東北風。やませ山形県飛島140新潟県岩船郡(冬から春にかけて吹く風)362やまへ青森県三戸郡「やまへが吹くとしけになる」083やまひ青森県津軽073

(16)東北東の風。やませ岩手県九戸郡088

(17)南西の方角。やまぜやまぜどこ静岡県浜名郡545

(18)秋、寒くなってから急に降って来る暖かい雨。やまで三重県飯南郡590

(19)(風に伴って起きるところから)大きな波。やませ新潟県佐渡357

(20)(東南風が古来より険悪な風とされているところから)女性のヒステリーなど。やませ北海道「やませ吹いている」065

語源説

山を越えて吹きおろす風の義か。セは風を示す語か〔日本の言葉=山本健吉〕。山から吹く風・山の風の義で、セはシとともに風の意で、ハヤテ、オヒテなどのテ、コチのチと同源か〔風位考=柳田国男〕。

発音

〓ヤマヒ〔青森〕ヤマヘ〔津軽語彙〕ヤマゼ〔茨城〕

〓[0]〓[0]

辞書

言海

正式名称と詳細

表記

山瀬言海


ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
やま‐せ【山背】の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1109
検索コンテンツ
1. さん‐ぱい【山背】
日本国語大辞典
*広益熟字典〔1874〕〈湯浅忠良〉「山背 サンハイ ヤマノウシロ」*東京新繁昌記〔1874〜76〕〈服部誠一〉三・新橋鉄道「聞く、西国に遙眼鏡有りと。能く山背 ...
2. 夏の風 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
、湿った南から南西の風。「みなみ」、西日本では「はえ」「はい」「まじ」「まぜ」などとも呼ぶ。▼山背(やませ)春から夏にかけて北日本や東日本の太平洋側に冷たく湿め ...
3. やま‐せ【山背】
デジタル大辞泉
1 山を越えて吹いてくる風。フェーンの性質をもつ風。 2 夏季に北日本の太平洋側、特に三陸地方に吹く冷湿な北東風。オホーツク海高気圧から吹き出す風で、長く続くと ...
4. やま‐せ【山背】
日本国語大辞典
事門「其靡く向を見て、何月は山背(ヤマセ)(東風)なれど何月はクダリ(南風)なり」(1)本来、山の向こうから吹いてくる風のことで、山背の漢字表記がなされ、語源説 ...
5. やませ
日本大百科全書
漢字で山背をあてることが多いが、現在、東北・北海道方面で凶作の原因になる風として広く注目されている「やませ」は、三陸沖より内陸に吹き込んでくる北東気流であり、山 ...
6. やませ【山背】[方言]
日本方言大辞典
(1)山の方から吹く風。山風。 石川県能美郡012山岳語彙蒐集報告(高橋文太郎)1938 鹿島郡411石川県鹿島郡誌(鹿島郡自治会)1928 島根県725島根県 ...
7. やませ【山背】[標準語索引]
日本方言大辞典
おーどー / とね穏やかなやませ:山背ほそやまへ ...
8. やましろおう【山背王】
国史大辞典
長屋王の子。のちに藤原弟貞と改名。天平元年(七二九)二月長屋王の変のとき、王の子の多くは自経したが、山背王は安宿王・黄文王らとともに藤原不比等の女の所生であった ...
9. やましろおう【山背王】
日本人名大辞典
?−763 奈良時代の公卿(くぎょう)。長屋王と藤原長娥子(ながこ)の子。長屋王の変に際し,母が藤原不比等(ふひと)の娘であったため罪をまぬかれる。天平勝宝(て ...
10. やましろごう【山背郷】石川県:加賀国/江沼郡
日本歴史地名大系
天平一二年(七四〇)の越前国江沼郡山背郷計帳(正倉院文書)は、わずかに江沼臣族乎加非の戸一戸分と郷長江沼臣族忍人の戸の一部(五六人分)を残す断簡にすぎないが、北 ...
11. 山背画師
日本史年表
604年〈推古12 甲子〉 9・‐ 朝礼を改め、 扱地拝 とする(紀)。 黄書画師 ・ 山背画師 を定める(紀)。  ...
12. やましろのおうじ【山背皇子】
日本人名大辞典
?−? 6世紀,欽明(きんめい)天皇の皇子。母は蘇我堅塩媛(そがの-きたしひめ)。「古事記」では山代王。 ...
13. やましろのおおえ‐の‐おう[やましろのおほえのワウ]【山背大兄王】
日本国語大辞典
聖徳太子の王子。母は蘇我馬子の娘刀自古郎女。推古天皇の死後、蘇我蝦夷(そがのえみし)の推す田村皇子と皇位を争って敗れたが、なお人望があった。そのため皇極二年(六 ...
14. 山背大兄王(やましろのおおえのおう)
日本大百科全書
厩戸(うまやど)皇子(聖徳太子)の子。母は蘇我馬子(そがのうまこ)の娘、刀自古郎女(とじこのいらつめ)。推古(すいこ)女帝死後の皇位継承の有力資格者の一人であっ ...
15. 山背大兄王
世界大百科事典
?-643(皇極2) 聖徳太子の長子で,母は蘇我馬子の女刀自古郎女(とじこのいらつめ)。異母妹舂米(つきしね)女王と結婚し,難波麻呂古王,麻呂古王,弓削王,佐々 ...
16. やましろのおおえ‐の‐おう【山背大兄王】
デジタル大辞泉
[?〜643]飛鳥時代の皇族。聖徳太子の子。母は蘇我馬子の娘刀自古郎女(とじこのいらつめ)。推古天皇没後、蘇我蝦夷(そがのえみし)の推す田村皇子(舒明天皇)と皇 ...
17. やましろのおおえのおう【山背大兄王】
国史大辞典
皇)と次期大王位を争った。叔父の蘇我蝦夷は推古天皇の遺言に従って田村皇子を推し、境部臣摩理勢は山背大兄王を推し、群臣らの意見も二分されていた。斑鳩宮に居住した王 ...
18. 山背大兄王
日本史年表
643年〈皇極2 癸卯⑦〉 11・1 入鹿、斑鳩宮に巨勢徳陀古を遣わし 山背大兄王 らを襲う.山背大兄王ら生駒山に隠れる.数日後、斑鳩寺に入り、一族とともに自 ...
19. やましろのおおえのおう【山背大兄王】
日本人名大辞典
?−643 飛鳥(あすか)時代,聖徳太子の第1王子。母は蘇我馬子の娘,刀自古郎女(とじこのいらつめ)。推古天皇の死後,田村皇子(のちの舒明(じょめい)天皇)と皇 ...
20. 山背畫師(やましろのがし)
古事類苑
文學部 洋巻 第3巻 789ページ ...
21. 山背国
日本史年表
794年〈延暦13 甲戌〉 11・8 山背国 を 山城国 と改め、新京を 平安京 と号する(紀略)。  ...
22. やましろの-ねこ【山背根子】
日本人名大辞典
「日本書紀」にみえる豪族。摂津の山氏の祖。神功(じんぐう)皇后摂政元年,皇后が新羅(しらぎ)(朝鮮)遠征からの帰途,忍熊(おしくまの)王(皇子)らの反乱の鎮圧に ...
23. やましろの-ひたて【山背日立】
日本人名大辞典
?−? 飛鳥(あすか)時代の学生。推古天皇10年(602)渡来した百済(くだら)(朝鮮)の僧観勒(かんろく)から方術(占術や医術)をまなんだ。名は日並立とも。 ...
24. 山背百足
日本史年表
676年〈天武5 丙子②〉 10・10 大使 物部麻 呂・小使 山背百足 を新羅に派遣(紀)。  ...
25. やましろべの-おだ【山背部小田】
日本人名大辞典
?−699* 飛鳥(あすか)時代の武人。壬申(じんしん)の乱(672)のとき,大海人皇子(おおあまのおうじ)(のちの天武天皇)の命令で東海の兵士を徴発する使者と ...
26. やませ‐かぜ【山背風】
デジタル大辞泉
1 「やませ」に同じ。《季 夏》 2 琵琶湖沿岸に吹く春夏の風。瀬田あらし。  ...
27. やませどまりちよう【山背泊町】北海道:渡島支庁/函館市/旧函館区地区/函館
日本歴史地名大系
この町名が生れた(箱館夜話草)。万延元年(一八六〇)箱館全図には「山背泊町」とみえ、その東側(山側)に「御台場」と記される。この山背泊台場は前期幕府領時代に異国 ...
28. やまじがえし【山背返】[方言]
日本方言大辞典
東南からの暴風の時、一時中断後に反対より吹く暴風。 愛媛県越智郡844周桑郡郷土研究彙報(杉山正世)1930~32 ...
29. やまじぐも【山背雲】[方言]
日本方言大辞典
南東から北へ動く雲。 香川県高見島829香川県方言辞典(近石泰秋)1976 ...
30. やませだし【山背出】[方言]
日本方言大辞典
東北から吹いてくる暴風。 秋田県由利郡012山岳語彙蒐集報告(高橋文太郎)1938 ...
31. やまぜぐも【山背雲】[方言]
日本方言大辞典
南西の沖から張り出してくる雲。 静岡県浜名郡545新居の浜のことば(山口幸洋・吉原けい子)1970 ...
32. やまへゆき【山背雪】[方言]
日本方言大辞典
山から吹いてくる風に乗って降る、水けを含んだ雪。 青森県上北郡082野辺地方言集(中市謙三)1936 ...
33. 国印・倉印(山城国)[図版]
国史大辞典
山背国印 山城国印 山城倉印 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
34. やましろ‐の【山城の/山背の】
デジタル大辞泉
[枕]山城国鳥羽の地の意から、「とは」にかかる。 「―とはにあひ見む」〈古今・恋四〉 ...
35. Yamashiro no Ōe, Prince 【山背大兄王】
Encyclopedia of Japan
?−643 Eldest son of the regent Prince Shotoku; his mother was a daughter of Sog ...
36. 山背大兄王(やましろおおえのおう)
日本大百科全書
山背大兄王 ...
37. やましろ‐の‐くに【山城国】
デジタル大辞泉
⇒山城  ...
38. やませ‐かぜ【山背風】
日本国語大辞典
〔名〕〓やませ(山背) ...
39. 「妹山背山」
日本史年表
1906年〈明治39 丙午〉 2・17 坪内逍遥・島村抱月ら、東京芝紅葉館で文芸協会発会式、 「妹山背山」 など上演。  ...
40. たいまの-やましろ【当麻山背】
日本人名大辞典
?−? 奈良時代,淳仁(じゅんにん)天皇の母。舎人(とねり)親王の妃。淳仁天皇の即位により正三位をさずけられ,大夫人(だいぶにん)と称される。天平宝字(てんぴょ ...
41. たいまのやましろのはか【当麻山背墓】兵庫県:三原郡/南淡町/筒井村
日本歴史地名大系
「淡路墓」があり、「当麻氏、在淡路国三原郡、兆域東西二町、南北二町、守戸正丁五人」とある。当麻山背は上総守従五位上当麻老の娘で、舎人親王の妃となり、淡路廃帝(淳 ...
42. みなみ‐やませ【南山背】
日本国語大辞典
〔名〕(1)東南風。《みなみやませ》岩手県九戸郡088 (2)雪を誘う風。《みなみやませ》鳥取県八頭郡012  ...
43. yīn shān bèi hòu阴山背后
ポケプロ中日
【成語・格言(形式)】だれにも気づかれないみじめな境遇.  ...
44. しもやませ【下山背】[方言]
日本方言大辞典
北東風。《しもやすもん》とも。 新潟県佐渡351新潟県方言辞典・佐渡編(渡辺富美雄)1974356佐渡海府方言集(倉田一郎)=全国方言集61944 ...
45. にしやませ【西山背】[方言]
日本方言大辞典
西風。 島根県能義郡・隠岐島725島根県方言辞典(広戸惇・矢富熊一郎)1963 ...
46. のだやませ【―山背】[方言]
日本方言大辞典
真東の風。 青森県三戸郡083青森県五戸語彙(能田多代子)1963 ...
47. ひがえりやませ【日返山背】[方言]
日本方言大辞典
午前には暖かく、午後は冷え冷えとし、夕方にはなくなる風。春先に多い。 青森県三戸郡083青森県五戸語彙(能田多代子)1963 ...
48. ほそやまへ【細山背】[方言]
日本方言大辞典
穏やかな山背。 青森県東津軽郡844周桑郡郷土研究彙報(杉山正世)1930~32 ...
49. みなみやませ【南山背】[方言]
日本方言大辞典
(1)東南風。 岩手県九戸郡088九戸郡志(岩手県教育会九戸郡部会)1936(2)雪を誘う風。 鳥取県八頭郡012山岳語彙蒐集報告(高橋文太郎)1938 ...
50. あち【彼方】[方言]
日本方言大辞典
史1925 大分県臼杵市038全国方言資料(日本放送協会)1966~67神楽歌早歌「安知あちの山背山」《あちゃ》 青森県三戸郡083青森県五戸語彙(能田多代子) ...
「やま‐せ【山背】」の情報だけではなく、「やま‐せ【山背】」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

やま‐せ【山背】と同じ天気カテゴリの記事
ハリケーン(日本大百科全書(ニッポニカ))
北大西洋および北太平洋東部で発生する発達した熱帯低気圧。性質は台風と同じである。世界気象機関(WMO)では、この地域の熱帯低気圧のうち最大風速が毎秒32.7メートル(64ノット)以上のものをハリケーンとよび
秋雨前線(日本大百科全書(ニッポニカ))
9月前半から10月前半に日本の南岸沿いに現れる停滞前線。秋霖(しゅうりん)前線ともいう。真夏の亜熱帯高気圧が南へ遠ざかり、日本海や北日本へ張り出してきた寒帯高気圧との境にできる前線で、成因や性質は梅雨前線によく似ているが
梅雨前線(日本大百科全書(ニッポニカ))
6月から7月の梅雨期に日本の南岸にほぼ定常的に発生し、ぐずついた天気をもたらす前線。停滞前線の一種で、成因や性質は秋雨(あきさめ)前線に似る。オホーツク海気団と小笠原(おがさわら)気団の間に形成され、寒帯前線の一種でもある。
サイクロン(日本大百科全書(ニッポニカ))
インド洋に発生する発達した熱帯低気圧。性質は台風と同じである。世界気象機関(WMO)では、この地域の熱帯低気圧のうち最大風速が毎秒32.7メートル以上(風力12)のものをサイクロンとよぶが、日本の台風の基準と同じ最大風速が毎秒17.2メートル以上(風力8以上)のものをさすことも多い。
熱帯低気圧(日本大百科全書(ニッポニカ))
広義には熱帯地方で発生する低気圧。狭義には最大風速が風力7以下の熱帯地方で発生する低気圧。最大風速が風力8以上(毎秒17.2メートル以上)の熱帯低気圧を日本では台風という。1952年(昭和27)以前は熱帯性低気圧と性の字を入れ
天気と同じカテゴリの記事をもっと見る


「やま‐せ【山背】」は気象に関連のある記事です。
その他の気象に関連する記事
ラニーニャ現象[気象](イミダス)
太平洋赤道域の中央部から東部にかけての海面水温が低い状態が1年程度続く現象。同じ海域で海面水温が高くなるエルニーニョ(スペイン語で男の子)とは対照的な現象なので、ラニーニャ(スペイン語で女の子)という呼び名が定着した。
(日本国語大辞典)
解説・用例【一】〔名〕(1)雲中の氷晶が併合成長して生じた、白色・不透明の結晶が降ってくるもの。結晶は六方晶系で、星状・角板状・角柱状・針状など種々な形のものがある。《季・冬》*万葉集〔8C後〕五・八二二「我が園に梅の花散るひさかたの天より由吉
関東大震災(日本大百科全書・世界大百科事典)
1923年(大正12)9月1日午前11時58分、関東地方南部を襲った大震災。[木坂順一郎]被害状況震源地は相模湾北部(東経139.3度、北緯35.2度)の地点で、地震の強さは最大震度7、規模はM7.9であった。ちょうど昼食時であったため
マッデン・ジュリアン振動(日本大百科全書・現代用語の基礎知識)
おもにインド洋で発生する数千キロメートルスケールの巨大雲群が、赤道に沿って毎秒約5メートル程度の速度で東へ進み、多くは太平洋の日付変更線付近で消滅する現象のことで、英語の頭文字をとってMJOと略される。雲は日付変更線付近で消滅するが
銀河系(日本大百科全書(ニッポニカ))
太陽が属する銀河。宇宙に多数ある銀河galaxyの一つであるが、われわれの太陽が属する銀河ということで、他と区別して英語ではgalaxyのgを大文字で書き、theやourをその前につける。これに対応して、日本語では銀河ではなく「銀河系」とよぶことにしている。英語のMilky Way Galaxyに対応する「天の川銀河」とよばれることもある。
気象に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る