収録内容

①大正12年~昭和7年(1923~1932)

菊池寛のもと大正デモクラシー末期に産声をあげた『文藝春秋』。28頁の創刊号は芥川龍之介、川端康成、横光利一ら同人の随筆が並んだ。以後、小説、時事、実話、実用など多ジャンルに及ぶ総合雑誌へと成長。昭和7年の10周年記念号の頁数はなんと572頁に。

この間の主な読み物など
  • 大正12年11月号  震災文章
  • 大正13年8月号   上方の食ひもの/谷崎潤一郎
  • 大正15年10月号~ 六号記事
  • 昭和2年9月号   芥川龍之介追悼号
  • 昭和4年4月号   文藝春秋議会
  • 昭和4年4月号~  目・耳・口
  • 昭和5年11月号~  政界夜話
  • 昭和6年6月号~  文壇ユウモア

②昭和8年~昭和16年(1933~1941)

満州事変後、日中戦争から太平洋戦争開戦へと続く時期。文学賞、芥川賞・直木賞の創設など媒体として成熟期を迎えるが、13年の国家総動員法制定後は政治や軍事、国際情勢を伝える記事や戦争小説など、次第に戦時体制強化のための内容へシフトしていく。

この間の主な読み物など
  • 昭和8年1・2月号  新恋愛論日本現状論懸賞論文当選発表
  • 昭和9年1月号~   有名画家による表紙・目次挿絵・口絵
  • 昭和10年8月号   新生活運動の精神/蒋介石
  • 昭和11年7月号   ジヤン・コクトウと語る會
  • 昭和14年5月号   旅愁/横光利一
  • 昭和16年12月号   特集「危機に立つ日米関係」

③昭和17年~昭和25年(1942~1950)

20周年記念号で華々しいスタートを切ったが、次第に日本の戦局を反映した萎んだ内容に。東京大空襲後6か月の休刊を経て、終戦直後の20年10月号で復活。21年6月号からは菊池寛の手を離れ新会社からの発行となり、今に続く文春ジャーナリズムを確立。

この間の主な読み物など
  • 昭和17年1月号    発刊二十周年の辞
  • 昭和20年3月号    本土戦場化に処する決意
  • 昭和20年10月号   其心記/菊池寛
  • 昭和24年10月号   網走の覚書/宮本顕治
  • 昭和25年1月号    人間・山本五十六/高木惣吉
  • 昭和25年2月号    下山事件 捜査最終報告書
  • 昭和25年5月号    ガダルカナル/辻政信

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る

関連リンク

百科
日本語
歴史・地名
英語
ヨーロッパ言語
東アジア言語
用語・情報
人名・文化・宗教
自然科学
統計・年鑑
記事・コラム
叢書・日本文学
JKBooks