タイトル一覧

4 件

《上代》で絞り込み
古事記
(こじき)
作者未詳
神代から推古天皇までの古事を記録する日本最古の典籍
天武天皇の命により、稗田阿礼(ひえだのあれ)が誦習(しょうしゅう)し、元明天皇の代に太安万侶(おおのやすまろ)が撰録し、献上した。「序文」、天孫降臨などを描いた「上巻」、神武から応神天皇までをたどる「中巻」、仁徳から推古天皇までの「下巻」からなる。天地創成以来の歴史や伝説、国家の形成史・皇位継承の経緯を記した文学性豊かな歴史書で、日本文化の原点を解明する。
[奈良時代(712年成立)][歴史書]
《校注・訳者/注解》 山口佳紀 神野志隆光
日本書紀
(にほんしょき)
舎人親王ほか編
天地開闢から7世紀後半の持統天皇までを記す日本初の勅撰史書
〈古に天地未だ剖(わか)れず、陰陽(めお)分れず、渾沌にして鶏子の如く……〉から始まる、年代を追って記述した編年体の歴史書で、『古事記』と異なり、漢文体で記されている。元正天皇の代に奏上された六国史のひとつで、全30巻の大著。天武天皇皇子の舎人親王(とねりしんのう)らが編纂。『古事記』と重なる部分も多いが、聖徳太子など『古事記』に見られない記述も少なくない。
[奈良時代(720年成立)][歴史書]
《校注・訳者/注解》 小島憲之 直木孝次郎 西宮一民 蔵中 進 毛利正守
風土記
(ふどき)
作者未詳
古代日本の地方の生活や文化をいきいきと伝える地方誌
風土記とは、土地の名前の由来や、その土地に伝わる伝承、神々や天皇のエピソード、特産品など、その国の状況や成り立ちがわかるような報告をするよう中央政府が地方に命じたもの。古代官撰地方誌と言える。播磨国(兵庫県)、出雲国(島根県)、豊後国(大分県)、肥前国(佐賀県、長崎県)、常陸国(茨城県)の5つの『風土記』と、いくつかの逸文が残されている。
[奈良~平安時代(713年より編纂開始)][地誌]
《校注・訳者/注解》 植垣節也
萬葉集
(まんようしゅう)
作者未詳
さまざまな階層の人々の哀歓を歌った現存最古の歌集
7~8世紀の約130年の間の歌――長歌、短歌、旋頭歌(せどうか)、仏足石歌(ぶっそくせきか)――など4500首余りがおさめられている。歌人は、天皇から庶民まで500名近くの作品を収録。雑歌(ぞうか)、相聞、挽歌、東歌(あずまうた)、防人歌(さきもうたり)など内容はさまざまで、万葉仮名で書かれている。大伴家持(おおとものやかもち)が現存の形に近いものにまとめたとされる。
[奈良時代(759年以降成立)][歌集(和歌)]
《校注・訳者/注解》 小島憲之 木下正俊 東野治之
1
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る

百科
日本語
歴史・地名
英語
ヨーロッパ言語
東アジア言語
用語・情報
人名・文化・宗教
自然科学
統計・年鑑
記事・コラム
叢書・日本文学
JKBooks