タイトル一覧

1 件

《地誌》で絞り込み
風土記
(ふどき)
作者未詳
古代日本の地方の生活や文化をいきいきと伝える地方誌
風土記とは、土地の名前の由来や、その土地に伝わる伝承、神々や天皇のエピソード、特産品など、その国の状況や成り立ちがわかるような報告をするよう中央政府が地方に命じたもの。古代官撰地方誌と言える。播磨国(兵庫県)、出雲国(島根県)、豊後国(大分県)、肥前国(佐賀県、長崎県)、常陸国(茨城県)の5つの『風土記』と、いくつかの逸文が残されている。
[奈良~平安時代(713年より編纂開始)][地誌]
《校注・訳者/注解》 植垣節也
1
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る

百科
日本語
歴史・地名
英語
ヨーロッパ言語
東アジア言語
用語・情報
人名・文化・宗教
自然科学
統計・年鑑
記事・コラム
叢書・日本文学
JKBooks