日本大百科全書(ニッポニカ)

アラビアゴムノキ
あらびあごむのき
Acacia senegal (L.) Willd.

マメ科(APG分類:マメ科)の中高木で、高さ6~10メートル。アラビアとアフリカの乾燥草原に自生する。アラビアゴムは、本種の幹に切り口をつけ、分泌された黄色い半透明の樹液が固まったあと、精製したもの。主産地はスーダンとセネガルで、12月から翌年の6月にかけて採取する。本種のほかVachellia nilotica (L.) P.J.H.Hurter et Mabb.(A. arabica Willd.)、A. laeta R.Br.など、数種のアカシアからも類似の物質が得られる。
[湯浅浩史]2019年10月18日